ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シビック史上最もスピーディな新型『CIVIC(シビック) ハッチバック』を米国で今秋に発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Hondaの米国法人であるアメリカン・ホンダモーターは、新型『シビックハッチバック』をホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドから輸入し、米国で今秋に発売します。

Hondaを代表するグローバルモデルとして世界で幅広く愛されている『シビック』シリーズは、現在のモデルで10代目を迎えました。
2016年に発売され、『2016 North American Car of the Year』を獲得したセダン、そして、スポーティーさをさらに追求したクーペに続き、『シビックハッチバック』は、米国で初めて販売されるシビックシリーズの5ドアモデルとなります。


『シビックハッチバック』はセダン、クーペと共にグローバルモデル共通のプラットフォームを使用して開発されました。シビックシリーズのコンセプトはそのままに、スポーティーなデザインをさらに際立たせ、優れた燃費性能と運動性能を両立しながら、使い勝手を向上させるなど、商品の魅力を大幅に高めています。パワートレインは、1.5L直噴VTEC TURBOエンジンで、トランスミッションはCVTと6速マニュアルトランスミッション(LX、SPORT、EXのみ設定)を採用。グレードは、LX、SPORT、EX、EX-L、SPORT TOURINGの5つを用意し、先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING」(タイプ別にオプション設定)を搭載しています。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: すこやか山田) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP