ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

adidas Consortium TourよりUNDEFEATED とのコラボレーションスニーカーが発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ad_main
adidas Consortium TourよりUNDEFEATED とのコラボレーションスニーカー、UNDEFEATED Busenitzが発売。
西海岸の強力なスニーカーショップ、UNDEFEATEDはアメリカ国内各所、そしてはるか離れた日本でもショップを展開してきているが、今回のコラボレーションではローカルへの敬意を表してもの作りに取り組まれた。スケートシューズの定番であるBusenitzに新たに手を加え、カルフォルニアの砂漠を連想させるカラーを採用。 サーファーたちが浜へ上がり、ボードにウィールを付けて、歩道に繰り出したことでスケートボードの革命が起こったその全盛期をこのBusenitzは称えている。スケートボードは半世紀を経て、大いに進歩してきたかもしれないが、スケーターは今もなお、彼らのニーズを満たしてくれるフットウェアを求めている。それは軽量であること、またコンクリートにくり返し打ちつけられることに十分耐えうるソールを持ったスポーツシューズのようでなければならないということだ。もともとサッカーシューズからインスパイアを受け誕生したBusenitzは、その丈夫な耐久性のおかげでスケートコミュニティに受け入れられたのだ。
また、海岸線を越えたUNDEFEATEDは、今回の企画のインスピレーションとなっている広大な砂漠に思い切って挑戦している。アッパー全面にサンドカラーを採用し、中央のスリーストライプスとBusenitzの特徴的な長いタンには淡いデザートカモを配した。このBusenitzは、スエードだけでなく、ミリタリー素材である丈夫なCORDURA®ナイロンも使用して仕上げた。日々のスタイリングにじわじわと浸透し始めている実用性のあるフットウェアやアパレルとともに、当初から’機能性’を誇っているUNDEFEATEDは、あらゆる信条にコミットし続けていることをこのコラボレーションで伝えている。

B42352_1
B42352_5
B42352_6
・UNDEFEATED Busenitz【B42352】 / ¥16,000 + 税

 

9月 17 日 土曜日以降から、日本国内では下記店舗にて買い求めいただけます。
国内取扱い店舗
・Dice&Dice Fukuoka (092-715-4505)
・Dice&Dice Tokyo (03-5485-8280)
・DOVER STREET MARKET GINZA (03-6228-5080)
・UNDEFEATED OKINAWA(098-917-5995)
・UNDEFEATED OSAKA(06-6616-9555)
・UNDEFEATED SHIZUOKA(054-253-1667)
・UNDEFEATED TOKYO(03-5772-2680)
・UNDEFEATED YOKOHAMA(045-313-1330)
・Hankyu Men’s Tokyo (03-6252-5366)
・mita sneakers (03-3832-8346)
・UNITED ARROWS & SONS (03-3479-8180)

 

アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033 (土日祝除く、9:30~18:00)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。