ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TGSではデレステVRに使用 背負えるVR用振動パック「SubPac」先行予約開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社TheHandは、米SubPac社が開発した、VRにおける音の振動を感じることができる触覚デバイス「SubPac M2(ウエアラブルタイプ)」「SubPac S2(シートバックタイプ)」を2016年10月13日(木)の日本国内発売に向け、先行予約を実施することを発表しました。

SubPac M2:バックパックのように背負って使う「ウェアラブルタイプ」

本デバイスに搭載された触覚オーディオ技術により、VRでのライブ会場の大歓声、広大な宇宙空間の大爆発、水中でのクジラの鳴き声など、それらが発する音の振動を体感できるようになるとのこと。

2016年4月にアメリカで開催されたSVVRで展示されていた際には、重低音の響く体験で、遮音性の高いヘッドホンと併用すると現実を忘れて身体が自然とリズムにノッて動くような心地良さが感じられました。

ウェアラブルタイプの「SubPac M2」を着用した様子(2016年4月時点)

また本デバイスは、2016年9月15日(木)~18日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016(TGS)」のPlayStationブースおよび、TGS主催者ブース・VR体験ゾーンにて、株式会社バンダイナムコエンターテインメントより発売されるPlayStation VR専用ソフト「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」のライブを体感できるよう試遊展示される予定です。

「SubPac M2」「SubPac S2」の主な仕様

SubPac M2:バックパックのように背負って使う「ウェアラブルタイプ」

・寸法      :43cm×30cm×4cm
・重量      :2.3kg (バッテリー含め)
・周波数応答   :5hz-130hz
・有線入力    :3.5mmステレオ
・ヘッドフォン出力:3.5mmステレオ
・ワイヤレス入力 :A2DPストリーミング付き Bluetooth 4.0
・充電器     :15V 1.6A 24W
・バッテリー   :10.8V、2300mAhリチウムイオンバッテリー
          (1度の充電で6時間以上の使用が可能)
・先行予約価格  :48,000円(税込)

SubPac S2:椅子やソファーにセットして使う「シートバックタイプ」

・寸法      :43cm×30.5cm×4cm
・重量      :1.8kg(バッテリー込み)
・周波数応答   :5hz-130hz
・有線入力    :3.5mmステレオ
・ヘッドフォン出力:3.5mmステレオ
・ワイヤレス入力 :A2DPストリーミング付き Bluetooth 4.0
・充電器     :15V 1.6A 24W
・バッテリー   :10.8V、2300mAh リチウムイオンバッテリー
          (1度の充電で6時間以上の使用が可能)
・先行予約価格  :42,000円(税込)

SUBPAC 国内販売・先行予約はこちらから
http://thehand.co.jp/subpac/

(参考)
VR(仮想現実)の体感を増幅させる触覚デバイス 「SubPac M2」「SubPac S2」を 10月13日の国内発売に先駆け、先行予約を実施
https://www.atpress.ne.jp/news/111970

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP