ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q2の国内タブレット出荷台数は179万台、Huaweiが躍進

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan は 9 月 14 日、2016 年 Q2(4 ~ 6 月)の国内タブレット出荷台数に関する調査結果を公開しました。調査結果によると、この四半期の総出荷台数は 179 万台で、前年同期間比で 5.8% ほど増加しました。タブレットの種類で代表的なスレートタイプとデタッチャブルタイプで出荷台数を見ていくと、スレートタイプは前年同期比 3.3% 減少したのに対して、デタッチャブルタイプは前年同期比 52.5% も増加しました。徐々にデタッチャブルタイプが増えてきています。メーカー別の出荷シェアでは、Apple が全体の 43.8% をしめてトップを維持しています。しかし、2 位の Huawei は前年同期比 7.2 倍も増加し、シェアは 22.8% にまで上がってきています。3 位は NEC・Lenovo(7.1%)、4 位は京セラ(5.0%)、5 位は ASUS(5.0%)という結果でした。Source : IDC

■関連記事
NixonのAndroid Wearスマートウォッチ「Mission」が米国で10月10日に発売。MotoMakerのようにカラーリングのカスタマイズも可能
Galaxy A8(2016)のAntutuスペック情報が公開
「Cardboardカメラ」のiOS版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP