ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋限定の蔵出し宇治茶「壺切茶」を使った商品が登場!店舗ごとに独自メニュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都の茶寮都路里では、秋限定のお茶「壺切茶」を使った限定メニューの提供がはじまっている。メニューは店舗ごとに違った商品である。祇園本店は「秋の花籠」、伊勢丹店は「壷切茶のふくさ」、高台寺店は「ちいさい秋みぃつけた」をそれぞれ用意している。

祇園本店限定「秋の花籠 —壷切茶を添えて—」(税込1301円)は、10月中旬までの秋限定の壺切茶を使用したタルトを中心として、秋色の食材をかごに盛りつわせた。キリッと冷やした壺切茶がよく合う。

タルトは、壺切茶のクレーム・ダマンドを入れて焼き上げており、トッピングに安納芋ペースト。キューブ状に仕上げたほうじ茶ムースにはきなこをコーティングして秋らしさを演出している。

京都伊勢丹店限定の「壷切茶のふくさ」(税込1437円)は、秋限定の壷切茶を使用したクレープをふくさに見立て、ほうじ茶カスタードやマロン、抹茶入り玄米せんべいを包み込んだ。かぼちゃのプリンや紅いもクリームなど、秋の旬の味を添えている。色合いも秋を感じさせる配置になっている。

高台寺店限定の「ちいさい秋みぃつけた」(税込1188円)は、壺切茶とあずきのようかんに抹茶カステラを重ねている。そのまわりに4種類のアイスや安納芋のモンブランを散りばめた。ひとつひとつが小さくて可愛らしく仕上がっている。やさしい口当たりの水出し壺切茶と一緒に楽しめる。

同じ「壺切茶」を使っていても、店舗ごとに違った味わいが楽しめる。ぜひ秋の味覚を制覇しよう。

茶寮都路里
http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP