ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アートの島「直島」の観光スポット18選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アートの島「直島」の観光スポット18選

キラキラと輝く瀬戸内海に浮かぶ、大小様々な形をした島々。「瀬戸内国際芸術祭」は、そんな美しい島々を利用して、三年に一度開催される芸術祭です。

国内外からバラエティーに富んだアーティストを集め、島全体を使い、彼らの作品を展示していく。美術館で楽しむものもあれば、島の空き家を利用した作品もあります。

今回は、国際的に有名な瀬戸内国際芸術祭の島々の中でも、特に注目度が高い「直島」の観光スポットを紹介します。

*編集部追記
2017年4月に公開した記事に新たに3選加筆しました。(2017/8/28)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

直島に行ってみての感想

aoi tanakaさん(@aoi__tnk)がシェアした投稿 – 2017 7月 7 8:52午前 PDT

私が直島を訪れたのは7月頃で、まさに夏真っ盛りのとても暑い時期でした。直島といえばアートが有名ですが、島のいたるところに様々な芸術作品や美術館があり、とても魅力的でした。

島は自然がいっぱいですが、おしゃれなカフェやレストランなどもあり、休日に訪れるのにはまさにぴったりの場所だと感じました。

現地の人も親切で、バスを待っていると、通りがかりの軽トラックに乗ったおじいさんが港まで乗せてくれました。人の優しさに触れ、とても心が癒された直島旅行になりました。

 

おすすめのベストスポット

とどろきさん(@todoroky_)がシェアした投稿 – 2016 9月 27 4:50午前 PDT

私のおすすめスポットは「家プロジェクト」の「南寺」です。「家プロジェクト」とは、直島の本村エリアに点在していた空き家を改修してアート作品にしたもので、全部で7箇所あります。

「南寺」は、アーティスト「ジェームズ・タレル」の作品で、設計は「安藤忠雄」です。15分ほど設けられた鑑賞時間に、15〜20人ほどしか入場できないという少人数鑑賞なので、会場の外で多少待ち時間がある場合が多いです。

展示内容を先に知ると面白くないので、詳しい内容は書けませんが、体全体で感じることができるとてもユニークな作品です。直島に行ったなら、「南寺」はぜひ訪れてみてください。
香川県のおすすめ記事はこちらです
❐うどんだけじゃない県「香川」の絶景12選
❐漂流郵便局と海ほたるを楽しむ!粟島の基本情報まとめ
❐アートと自然が共生する「豊島」のおすすめ観光スポット15選

 

*編集部追記(2017/08/28)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.地中美術館

Akito Fukuiさん(@a.f.8002)がシェアした投稿 – 2017 8月 27 5:24午前 PDT

美術館自体が芸術品!著名な建築家・安藤忠雄が設計した直島の「地中美術館」。自然の景観を損なわないよう、工夫を凝らし設計されたもので、直島観光の目玉となっています。

クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアという3名のアーティストの作品のみを恒久的に展示しています。
■詳細情報
・名称:地中美術館
・住所:香川県香川郡直島町3449-1
・アクセス:高松港から船(四国汽船フェリー)で50分、直島・宮浦港からバス約20分
・開園時間:10:00~18:00(最終入館17:00)/3月1日~9月30日10:00~17:00(最終入館16:00)/10月1日~2月末日
・休館日: 月曜日※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
・電話番号:087-892-3755
・料金:2,060円(15歳以下無料)
・備考:混雑が予想される時期は、館内の人数を制限がある場合も。その場合は整理券を配布
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

 

2.赤かぼちゃ

mksさん(@mks160615)が投稿した写真 – 2016 9月 10 7:58午後 PDT

直島・宮島港の目印といえば、やはり!草間彌生の「赤いかぼちゃ」。近くには、同じく彼女の作品である「黄色いかぼちゃ」もあり、どちらも直島の名物となっています。

このかぼちゃには穴が開いており、内部に入ることもできるそう。ぜひここで1枚、写真を撮ってみてくださいね。
■詳細情報
・名称:赤かぼちゃ
・住所:香川県香川郡直島町直島町 宮ノ浦港フェリーターミナル
・アクセス:宮浦港すぐ

 

3.I♥湯

ミユキさん(@missmykcb)が投稿した写真 – 2016 8月 12 1:50午前 PDT

アーティストの大竹伸朗が手がけた温泉「I♥湯」は、銭湯そのものがアート!

銭湯内には、タイル壁画で描かれたカラフルでポップな絵があったり、ゾウの置物があったりと、まさにアートの島・直島にふさわしい温泉となっています。大竹伸朗の世界観にただただ圧倒される…まさにそんな場所です。
■詳細情報
・名称:直島銭湯「I♥湯」
・住所:香川県香川郡直島町2252-2
・アクセス:フェリーの発着港でもある宮浦港のすぐそば
・営業時間:平日14:00~21:00(最終受付20:30)土日祝10:00~21:00(最終受付20:30)
・休館日: 月曜日(ただし祝日の場合開館。翌日休館) ※メンテナンス期間は臨時休館もあり
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30~18:00)
・料金:510円(直島島民は310円)15歳以下210円(3歳未満は無料)
・駐車場:町営有料駐車場利用可(徒歩3分)
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

 

4.南寺

midinoonさん(@midinoon)が投稿した写真 – 2016 6月 16 4:17午後 PDT

直島・本村地区に点在する空き家を改修し、アート作品にした「家プロジェクト」。興味深い家プロジェクトの中でも、特にオススメしたいのが、ジェームズ・タレルの作品「南寺」。

暗い南寺の中に入っていくと、予想もしなかった、驚きの光景に出会えます。
■詳細情報
・名称:南寺
・住所:香川県香川郡直島町
・アクセス:宮浦港からバスで約10分
・営業時間:10:00~16:30
※「南寺」最終入館 16:15
・休館日: 月曜日(ただし祝日の場合開館。翌日休館)
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30~18:00)
・料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒を鑑賞)1,030円
ワンサイトチケット(「きんざ」を除く1軒のみを鑑賞)410円
※15歳以下は無料
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

 

5.護王神社

✨キラキラ✨さん(@candy8956)が投稿した写真 – 2016 7月 20 3:21午前 PDT

江戸時代から祀られている「護王神社」の改築に合わせ、杉本博司が設計したアート作品。

護王神社にある古代の石室と本殿は、ガラスの階段で結ばれています。その階段を目の前にすると、どこか別の世界に来たかのような不思議な気持ちに。古代の石室通って、現代へと帰る。あなたは、そこで何を感じますか?
■詳細情報
・名称:護王神社
・住所:香川県香川郡直島町本村地区
・アクセス:宮浦港からバスで約10分
・営業時間:10:00~16:30
※「南寺」最終入館 16:15
・休館日: 月曜日(ただし祝日の場合開館。翌日休館)
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30~18:00)
・料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒を鑑賞)1,030円
ワンサイトチケット(「きんざ」を除く1軒のみを鑑賞)410円
※15歳以下は無料
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

 

6.はいしゃ

sachikoさん(@pamorom)が投稿した写真 – 2015 10月 3 9:37午後 PDT

家プロジェクト「はいしゃ」は、その名の通り、昔は歯医者だった建物を、大竹伸朗氏が独自の世界観でコラージュ、改装をした作品です。

はいしゃの内部には、まるで夢のような、現実には起こり得ない楽しい空間が広がっています。その強烈なインパクトは、一度観たら忘れられないほど見応えがあるものです。
■詳細情報
・名称:はいしゃ
・住所:香川県香川郡直島町本村地区
・アクセス:宮浦港からバスで約10分
・営業時間:10:00~16:30
・休館日: 月曜日(ただし祝日の場合開館。翌日休館)
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30~18:00)
・料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒を鑑賞)1,030円
ワンサイトチケット(「きんざ」を除く1軒のみを鑑賞)410円
※15歳以下は無料・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

 

7.ANDO MUSEUM

kana kotaさん(@kanakota)が投稿した写真 – 2015 5月 5 7:27午前 PDT

「ANDO MUSEUM」は、安藤氏が手がけた家プロジェクト・南寺のすぐ近くに位置する民家を改修して生まれた美術館です。

民家の外観や、それ自体が持つ良さを残しながらも、内部は木とコンクリート、そして光と闇を上手く利用しています。これまで安藤氏が手がけてきた、さまざまな建築の要素を集約した集大成的な建築で、非常に個性的な建造物となっています。
■詳細情報
・名称:ANDO MUSEUM
・住所:香川県香川郡 直島町736-2
・アクセス:宮浦港からバスで8分 – 農協前から徒歩で5分
・営業時間:10:00 ~ 16:30(最終入館16:00)
・定休日:月曜日 ※ ただし、祝日の場合開館、翌日休館
・電話:087-892-3754(福武財団)
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/ando-museum.html

 

8.ベネッセハウス ミュージアム

怜・れいさん(@rei0.8)がシェアした投稿 – 2017 2月 14 4:29午前 PST

「ベネッセハウス ミュージアム」は宿泊施設と美術館が一緒になっているちょっと変わった施設です。こちらも世界を代表する建築家、安藤忠雄氏による設計です。

館内に展示されている収蔵作品ほか、芸術家たちがこの場所だからこそと制作した、サイトスペシフィック・ワークが点在しています。直島に訪れたなら必ず来たい美術館のひとつです。
■詳細情報
・名称:ベネッセハウス ミュージアム
・住所: 香川県香川郡直島町3419
・アクセス:地中美術館から徒歩約15~20分
・営業時間:08:00~21:00(最終入館20:00)
・定休日:年中無休※臨時休館あり。公式サイト確認要
・電話番号:087-892-3223
・料金:大人1,030円
※15歳以下およびベネッセハウスの宿泊者は無料
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/benessehouse-museum.html

関連記事リンク(外部サイト)

世界一、鮮やかに着飾る裸族「スリ族」を撮り下ろした写真集“SURI COLLECTION”が登場
本好き必見!世界の美しい図書館7選
「絶傾が絶景に」あなたは自分の世界をどう魅せる?
謎の芸術家バンクシーのアートが全世界で話題に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。