ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男キム・ヨナと称される14歳 羽生結弦とは全く違うオーラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 羽生結弦や浅田真央らが出場予定のフィギュアスケートのISUグランプリ・シリーズ。その開幕に先駆け、ジュニア大会(ジュニア・グランプリ・シリーズ)が先月より開幕している。9月7日~11日にかけては第3戦となる日本大会(横浜)が開催され、女子では昨季のジュニアチャンピオン、本田真凛(15)が出場したこともあり、大きな注目を集めた(結果は坂本花織(16)が初優勝、本田は2位、13歳の山下真瑚が3位)。一方男子では、世界が注目するスケーターが鮮烈なデビューを飾った。「韓国フィギュアの未来」といわれるチャ・ジュンファン(14)が4回転を決めて初優勝を飾ったのだ。

 数年前からファンの間では将来を期待されていた選手だ。13歳にして韓国の国内大会で銅メダルに輝き、“平昌の星”と称されるようになる。まず賞賛を浴びたのはバレエダンサーを目指していたという表現力。細身の美しい体型や高い柔軟性から「若い頃の羽生選手に似ている」というファンの声もあるが、ひとたび滑り出すと、繊細かつ独特の憂いを帯びたスケーティングで、羽生とは全く違う魅力とオーラを放つ。

 そして今年からブライアン・オーサーコーチに師事し、ジャンプ力を飛躍的に上げた。トリプルアクセルの確実性を高め、4回転サルコウを習得。初出場のグランプリ・シリーズのプレッシャーのかかる最終滑走で、きっちりと決めてみせた。4回転は2点の加点が付く質の高いジャンプだった。

 オーサーといえば、羽生結弦や、昨季の世界チャンピオンで、安藤美姫さんのパートナーとしても知られるハビエル・フェルナンデスのコーチであり、かつてはキム・ヨナを金メダルに導いた名コーチ。そのオーサーに“平昌の星”が付いたのだから、2年後に迫った平昌五輪は門下生内だけでも熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

 ちなみにチャ・ジュンファンが先日の日本大会で出した点数は、ショートとフリー合わせて239.47点。これは2014年12月のジュニア・グランプリ・ファイナルで宇野昌磨が出した当時の最高記録(238.27点)を上回っている。

 フィギュアスケートに詳しいスポーツライターは、チャ・ジュンファンについてこう語る。

「韓国では“男キム・ヨナ”とも呼ばれ、人気は過熱しています。実際、幅のあるルッツジャンプや、上を向いて足を曲げるスピンの姿勢など、キム・ヨナの演技を彷彿とさせますね。またチャ選手は、表現力はあるんですが、演技中はわりと無表情。そんなシャイな印象も、若い頃のキム・ヨナのようです。キム・ヨナはその後、オーサーの下で自信を深め開花したので、チャ選手の変化も楽しみです。正直、有力選手がオーサーに集中しすぎな感もありますが、それだけ指導力や練習環境がいいということなのでしょう。チャ選手にはすでに韓国のスポンサーも付いています。

 また、オーサーによると、チャ選手は4回転トーループも降り始めているとのこと、2年後までには、現在の羽生選手のように、2種類の4回転ジャンプを試合で跳ぶかもしれません。そうなると確実に、平昌五輪の有力選手になるでしょう。ただオーサーは、次の北京五輪も見据えた発言をしていますから、長い目で見守りたいですね」

 まだ14歳。試合後、「(同門の)ユヅルとハビエルのジャンプを参考にしている」と、たどたどしい英語でインタビューに答える姿は初々しかった。2014年に159cmだった身長は昨年に167cmに、そして今は171cmまで伸びたという。フィギュアスケートは成長期を乗り越えるのが一つのポイントにもなる。“平昌の星”の戦いは始まったばかりだし、日本のライバルたちとの切磋琢磨にも期待したい。

【関連記事】
羽生結弦 ライバル対決敗北から見えた「4回転3回」跳ぶ意味
カナダで練習する羽生結弦 母の熱烈叱咤で苦手な英語を克服
羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP