ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

隈研吾氏「日本人と中国人が仕事をすれば面白いことになる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【この人が語るこの本】『日本人も知らなかった 日本の国力』/川口盛之助著/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2600円+税

【著者】川口盛之助(かわぐち・もりのすけ)/1961年兵庫県生まれ。技術とイノベーションの育成の専門家。イリノイ大学理学部修士課程修了。他の著書に『世界が絶賛する「メイド・バイ・ジャパン」』(ソフトバンク新書)。

 いったい日本の「ソフトパワー=人材力」は世界第何位で、どういう特徴があるのだろうか? 学問、科学技術、芸術、芸能、スポーツなど100以上の分野における個人の活躍を、権威ある賞の受賞からメディアの評価、ウェブ上での人気に至るまで様々な尺度を使って定量化し、国籍別のランキングを作成することにより、それを可視化したのが本書。経済指標などマクロな統計数値による定量分析とも、感覚的な定性評価とも異なる新しいアプローチであり、興味深い内容になっている。

 国内外の建造物の設計を数多く手掛ける世界的建築家であり、新国立競技場の設計者としても知られる隈研吾氏は、日本の「ソフトパワー=人材力」をどう見るか。(インタビュー・文/鈴木洋史)

──本書によれば、世界的権威のある建築賞における日本人の受賞者数は、1960年以降ではアメリカ、イギリスに次いで3位です。

隈:世界各地で仕事をしていると、世界の建築界における日本人建築家の存在感は、日本にいて想像するよりもずっと大きく、特にここ10年ぐらいは世界で一番活躍していると言ってもいいかもしれません。中国や韓国のような親日的とは言えない国でも、日本人建築家への信頼は高いですからね。

 日本人建築家は他の国の建築家と比べ、木、土、コンクリートなど素材に対する感性がセンシティブで、自然環境との調和を大切にするんですね。そうした感覚は、自然が変化に富み、四季が豊かな土地に暮らすことで育まれ、磨かれてきたのだと思います。

 また、やや専門的に言うと、日本語の構造が建築に似ています。建築は「空間の流れ」と捉えることができるのですが、漢字、仮名交じりの日本語は、全体の流れの中に漢字、仮名が漂う「空間的な言語」なんですね。子供の頃からそういう言語を使うことで、空間に対する独特のセンスが育まれるような気がします。

──建築以外で、世界的に見て日本人のレベルが高いと思う分野はありますか。

隈:今ならば料理が突出していますね。料理においても、素材に対する日本人のセンシティブな感性が発揮されていると思います。今、世界がフランス料理に典型的なアーティフィシャルな(人工的な)ものに飽き足らず、素材の特性や自然の力をどう引き出すかを重視する方向に向かっている。建築、料理で日本人が活躍している背景には、そうした時代の流れがあると思います(本書によれば、レストラン部門でも料理人部門でも、日本はフランスに次いで2位)。

──アメリカ、イギリスはノーベル賞の受賞者数や大学のランキングといったトップレベルでは圧倒的な強さを誇るが、平均レベルを示す一般人や中学生の学力が低い。それに対して日本は、そのどちらもレベルが高く、結果として「基礎知力系」で総合1位です。

隈:一般の人の知的レベルが高いことと、自己主張を抑えて全体のために貢献しようとする性質とで、日本人のチームワークは世界一です。僕の設計事務所は東京、パリ、北京、上海にオフィスがありますが(全200名ほど)、日本人が中心となる東京オフィスが仕事の生産性が高い。外国人が中心の他のオフィスは個人プレーが目立ち、効率がちょっと落ちます。それはそれで楽しいのですが(笑)。

──その一方、「フォーブス」「タイム」「フォーチュン」などが選ぶトップリーダーランキングでは、日本は6位に沈みます。

隈:今、世界の中で日本企業の力が相対的に落ちていますが、その大きな原因はチームワークの上に立つ突出したリーダーが不在であることでしょう。それに比べると中国では、個人プレーが多く、みんなバラバラですが、面白いビジョンを掲げ、強引にでもみんなを引っ張っていこうというリーダーにいっぱい会います。

 僕は今、中国のディベロッパーから依頼され、海南島でミュージアムの設計をしているんですが、向こうの市の書記と会ったら、今の日本にはまずいないような、びっくりするほどユニークな人物でしたよ。

──実は、トップリーダーランキングでは、1位のアメリカに次いでインドが2位、中国が3位です。

隈:それ、現場でも非常に実感しますね。それに対して日本では、高度成長時代までは田中角栄さんのような人がいましたが、バブル崩壊以降はバブルへの反省が行き過ぎて萎縮し、破天荒なリーダーが出なくなってしまった。

──もうひとつ、日本人が劣っているのがプレゼン能力で、本書のランキングでは15位です。

隈:日本の教育では図面や答案用紙が最終的な成果物になりますが、アメリカではそれらを使った発表やディスカッションが重視されるんですね。つまり、プレゼン能力が問われる。

 僕の事務所では世界中から応募者があるんですが、以前、作品集と面接で採用を決めていたら、プレゼンの上手いアメリカ人が有利で、説明の下手な日本人が不利だったんです。でも、そうやって採用したアメリカ人が必ずしも役立たなかった(笑)。

 なので今は、図面と模型の作製能力をより重視した採用方法に変えているんですが。ただ、僕自身の経験から言っても、プレゼン能力は場数を踏めば身につきますし、教育によって養うことが可能だと思います。

──本書は、国全体の才能の総量を意味する「グロスナショナルタレント」という概念を提唱しています。

隈:これからの社会は資源や資本ではなく才能が引っ張る、という考え方に同意します。そういう時代における日本の課題は「混ぜる」ことです。日本人だけで仕事をするのではなく、そこに外国人を「混ぜる」。それにより日本人の不得意な分野が補われ、さらに外国人の刺激を受けて日本人の潜在能力が引き出される。日本人と中国人が一緒に仕事をすれば、非常に面白いことになると思いますよ。

【PROFILE】くま・けんご/1954年神奈川県生まれ。建築家。東京大学大学院工学部建築学科修了。木材など自然素材を生かした建築が特徴。主な設計作品に歌舞伎座、根津美術館、サントリー美術館など。『建築家、走る』(新潮文庫)など著書多数。

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
世界真光文明教団 60万坪の土地にチタン製5層屋根の本殿
京都出身の建築史家が京都の優れた洋館を写真付で紹介した本
日本人の知識欲、勉さ、美徳等を台湾出身論客が紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP