ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャリっと水分補給と疲労回復! あなたはどの梨がお好き?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水分がたっぷりでシャリっとした食感の梨は美味しいですよね。実はこれからが旬の梨も出てくるんですよ。名前も似ていていまいち種類がわからない梨の種類と栄養価について紹介したいと思います。

これからが旬の梨

ハウスものだと7月上旬から店頭に並ぶ「幸水」という品種が夏に美味しい梨です。7月の終わりから収穫を迎える「新水」という甘みの強い梨がありますが、日持ちがしないため今はあまりお目にかかることができません。8月の後半から出回る「豊水」という梨は日持ちもする品種で、二十世紀梨も8月中旬から店頭に並びます。新高という大きめの品種の梨は9月下旬から。洋梨のラフランスも9月~10月が旬になります。

歯触りも味も個性的! どれが好み?

丸い形の梨は和梨といって、独特のシャリっとした食感が特徴です。赤梨と青梨に分類されていて、皮が黄色がかっているのが赤梨、緑色のが青梨です。赤梨には甘みが強くジューシーで果肉がやわらかめな「幸水」があります。甘くて美味しいのですが、あまり日持ちしないのが難点。青梨には皮が薄くてやわらかく、ざらっとしていない「二十世紀(二十一世紀)梨」があります。青梨はみずみずしく赤梨に比べるとパリッとしていて、甘みの中にも酸味が感じられます。赤梨と青梨のブレンドといわれているのが「豊水」。果肉はやわらかくジューシーでほのかに酸味があり、日持ちもするという青梨と赤梨のいいとこどり。ラフランスに代表される洋梨はシャリシャリしていなくて、追熟させているので香りが強くトロッとした食感です。

美味しく疲労回復

和梨の88%は水分で、100gあたり43kclと低カロリーなのでダイエット中のおやつやデザートとしてもおすすめ。解熱作用があるため、熱中症対策や風邪をひいて熱があるときなどの水分補給としても食べて欲しいフルーツです。梨にはむくみをとってくれるカリウムが含まれていますし、疲労回復効果があるアスパラギン酸、クエン酸も含まれているので夏バテや疲れた時にはぴったり。消化酵素を含んでいるのでお肉を食べるときや胃腸の調子が思わしくないときに食べるとよいですよ。

これから旬の梨。色々と食べ比べてみるのもいいですね。解熱効果や疲労回復効果があるので、風邪の時には梨と覚えておくとよいでしょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。