ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶景とワインで会話が弾む♪富士急行線マッターホルン号で“大人の女子旅”に行きたい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絶景の山岳エリアを走るスイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道(以下MGB)。

スイスに行ったことが無くても、赤と白を配したキュートなデザインを目にしたことはないでしょうか。

そんなMGBの車両デザインを再現したラッピングトレインが、この秋、富士山エリアにデビューします。

 姉妹鉄道提携25周年記念

富士急行線は、大月駅と河口湖駅間の26.6km、標高差約500mを運行し「富士山に一番近い鉄道」と言われます。

じつは、富士急行とMGBは、姉妹鉄道提携を結んでいて、今年は25周年を迎える年なのだそう。

「6000系マッターホルン号」は、25周年を記念したデザイン列車で9/15(予定)~普通列車を中心に運行されるそうです。

▼マッターホルン号イメージ

 

▼MGBかと思ったら「大月」の文字が!

▼25周年記念ロゴマークは、赤と黒の2色!

こちらは、富士山を背景に走る富士山ビュー特急。

この風景は日本ならではですね!

スイスのお土産を模したユニークグラス

また、9/18~は、少し傾いたデザインが特徴の『スイス・マッターホルンゴッタルド鉄道姉妹鉄道25周年記念傾斜型ワイングラス』(2,500円:税込み)が発売されます。

これは、スイスの代表的な観光列車「氷河急行」の車内で販売されている名物「傾いたワイングラス」を模した記念品グラス。 

スイスの山岳地区を走る「氷河急行」は、急勾配の連続。

そのため、勾配区間でもワインがこぼれないように、あえて傾いたデザインになっているのだとか。

独特のフォルムがユニークで愛らしいグラスは、富士山ビュー特急車内、フジサン特急車内、富士登山電車車内、富士山駅で販売されるそうです。

 500部限定の入場券セットも販売

こちらは、富士山駅にて500部限定で販売される『マッターホルン・ゴッタルド鉄道姉妹鉄道25周年記念入場券セット』(850円:税込み)。

鉄道ファンにはたまらないレアグッズになりそうです。

世界遺産に登録され、国内外の旅行者から注目を集める富士山エリア。

スイスは遠くてムリ!という人も、秋の旅行シーズンにマッターホルン号に乗車して、日本ならではの絶景を探してみてはいかがでしょう?

富士急行株式会社 http://www.fujikyu-railway.jp/

鉄道(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP