体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『さくらのクラウド』を支える最新鋭の石狩データセンターが開所 その内部を見学してきました

『さくらのクラウド』を支える最新鋭の石狩データセンターが開所 その内部を見学してきました

さくらインターネットが11月15日に開始した、1コアCPUと2GBメモリーで月額2500円から利用できるクラウドサービス『さくらのクラウド』。このサービスを提供する石狩データセンターの開所式が同日に開催されました。北海道の冷涼な気候を利用した、低コストで高効率な外気冷房を採用し、モジュール式に拡張可能な最新鋭のデータセンター内部を、開所式で開催された内覧会で実際に見てきました。

低コストで拡張性のあるデータセンター

モジュール型で拡張性がある

石狩データセンターは、都市部と比べて土地・建物の初期費用が抑えられる郊外型データセンターとして計画。東京ドームの1.1倍という広さの敷地に、最大500ラックまで設置できる分棟式の建物2棟に200ラックを設置してサービスを開始しました。石狩は地震や津波などの自然災害のリスクが低く、さらに2系統で電力供給を受け、NTTとKDDIの2系統の光ファイバーへ接続することにより、災害や障害時などにサービスが停止するリスクを分散しています。

同じ敷地内に、最大8棟、4000ラックまで設置が可能。サーバールームには100ラック単位でサーバーを追加でき、非常用発電機やUPS(無停電電源装置)をサーバールーム単位で追加するモジュール構造を採用しているため、追加時にそのときの最新技術を採用することができます。

外気を取り込んで冷房する仕組み

最大の特徴は、屋根からキノコの傘のように覆った建物の外壁下部から冷たい外気を取り込んで施設の冷房に利用する外気冷房システム。空調を利用する場合と比べてエネルギー効率がよく、値が1.0に近づくほどよいとされる指標のPUE(Power Usage Effectiveness)は通常で1.1、夏に従来の空調を組み合わせて運転しても1.21という値を実現するそうです。これにより空調コストを約4割削減できます。

内部を見学

空調スペース

前置きはこれぐらいにして、中を見てみましょう。内覧会で最初に案内されたのが、建物2階部分の外壁内側にある、サーバーの排熱と冷たい外気を混合する空調スペース。

この下で空気を混合する

足元で空気が混合されています。

壁吹き出し式 天井吹き出し式

続いてサーバールームへ。サーバーを収納したラックがズラリと並んでいます。混合した空気は壁から吹き出す方式と天井から吹き出す方式の2通りでサーバールームに送られ、室内を冷房する仕組み。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。