ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

オンキヨー、Android 3.2(Honeycomb)搭載10.1インチタブレット「SlatePad TA2C-A25T3H」を発表、12月上旬より企業向け販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オンキヨーがAndroid 3.2(Honeycomb)を採用した10.1インチタブレット「SlatePad(スレートパッド) TA2C-A25T3H」を発表しました。12月上旬より企業向け販売が開始されます。TA2C-A25T3Hは、10.1インチWXGA(1,280×800)サイズのタッチスクリーン(静電容量式、マルチタッチ対応)、NVIDIA Tegra 2(T250) 1.0GHzを搭載した端末で、日本語入力アプリとして、手書き文字入力システム+手書きメモアプリの「7notes with mazec for  ONKYO」がプリインストールされています。Androidマーケットにも対応しています。その他、RAM容量は1GB、内蔵ストレージ容量は16GB、microSD/microSDHCカードスロット、背面に500万画素CMOSカメラ、前面に200万画素CMOSカメラ、microHDMI出力端子、microUSB端子を搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみで3G通信モジュールは非搭載。バッテリーは7.4V 3.600mAhのリチウムイオン で、使用時間は10時間とされています。本体サイズは264mm×177mm×13.8mm、質量は約800g。Source : オンキヨー


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、欧州版AtrixにAndroid 2.3.4アップデートを配信開始
ミュージックプレイヤー「doubleTwist Player」Android版がアップデート、UI刷新、イコライザが利用可能に
ソフトバンク、スライドテンキーを搭載した防水・防塵対応のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE 101SH」を11月18日より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。