ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島美嘉、アクションRPG「追憶の青」リリース直前発表会に登場 ゾンビの特殊メイクに「楽しくてしょうがなかったです!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

事前登録者数が70万人を突破し、配信前から話題のスマートフォン向けアクションRPG「追憶の青」。内乱が勃発している島を舞台に、それぞれの正義を持つキャラクターたちが戦いを繰り広げる物語。リリース直前発表会が9月12日にニコファーレで行われ、様々なコラボレーションが発表された。

ゲームのイメージソングは、中島美嘉の「ビルカゼスイミングスクールfeat. SALU」に決定。この日のために制作されたスペシャルPVとともに、中島のムービーコメントがオンエア。「救いを求めている人たちに手を差し伸べる、そんな温かい歌詞になっています。すごくゲームの世界ともあっているので、併せて聴いてくれたら嬉しいです」とメッセージを送った。

さらに、ゲームに「ミカ・ナカシマ」として登場することも発表。奇跡の歌姫という設定だが、禁断の術に手を出してしまい「ギガントミカゾンビ」という敵キャラに姿を変える。スタジオが真っ暗になると、全身傷だらけのゾンビの特殊メイクを施した中島本人が登場。司会のアメリカザリガニ・柳原哲也が「えらい姿で登場やな!」と驚いていると、「楽しくてしょうがなかったです!」と中島はニッコリ。自他ともに認めるメイク好きなことから、イベントにも特殊メイクで出演することを本人が希望したそう。メイク時間は約3時間、誰よりも早く現場に入ったことを明かした。

また、ビジョンに「ギガントミカゾンビ」が投影されると、その恐ろしいキャラクターを見た柳原が「ご本人的にどうですか?」と質問。中島は、「私が、もっとやってもっとやってと言って。肌を緑にしてもらいました(笑)」と本人の希望だったことを告白。「強いみたいなので、ぜひ倒してください!」とPRした。

他にも、番組では、最終兵器俺達・こーすけ、ドグマ風見の人気実況者による実機を使った対決プレイも。「ギガントミカゾンビ」と世界初の対戦ができる挑戦権を賭けて、タイムトライアルで対決。キャラクターを右にスクロールさせながら、出現する敵をを倒していく。白熱の対決はこーすけが勝利し、「ギガントミカゾンビ」に挑戦。「デカイ! 強い!」と声を上げながらも見事クリアし、「いままでやったことのない難易度ですね」と興奮気味に答えた。負けた風見は、罰ゲームで特殊メイクを受け、ゾンビになった。

また、スガP(プロデューサー)、まさるさん(ゲームディレクター)、河村岳(アートディレクター)、ゲームDJ 安藤武博、ベイシスケイプ・岩田匡治(ミュージックディレクション)、Romancework・田中豪(シナリオ担当)によるクリエイター対談も実施。実際のゲーム映像を見ながら、ストーリーやキャラクターについて解説。スガPは、「当時のスマホゲームはパズルゲームが主流。もっと突き抜けたものを作りたかった」と振り返り、田中は「かなりのシナリオを書きました。いまも書いている最中」と明かし、岩田も「僕もまだ作っている最中です」と話し、膨大なストーリーが展開することをほのめかした。

「追憶の青」は来週リリース予定。ゲームリリース後には、LINEマンガでのマンガ化や、LINEスタンプが配信されることも発表された。

番組情報
「追憶の青」リリース直前発表会
配信日時:2016年9月12日(月)19:00〜21:00
出演者:中島美嘉、アメリカザリガニ 柳原哲也、最終兵器俺達 こーすけ、ドグマ風見、ゲームDJ 安藤武博、ベイシスケイプ 岩田匡治(ミュージックディレクション担当)、Romancework 田中豪(シナリオ担当)
「追憶の青」開発チーム:スガP(プロデューサー)、まさるさん(ゲームディレクター)、
河村 岳(アートディレクター)

配信結果
視聴者数:約532,000人
コメント数:約800コメント
ハート数:約177,000
動画URL:https://live.line.me/r/channels/23/broadcast/37188

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP