体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源、『AERA』9/17発売号の表紙に登場 撮影は蜷川実花

星野源、『AERA』9/17発売号の表紙に登場 撮影は蜷川実花

ニュース週刊誌『AERA』(朝日新聞出版)の2016年9月17日発売号(9月26日号)の表紙に、音楽活動のみならずドラマからラジオまで大活躍中の星野 源が登場する。

撮影は、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花。スタジオの光の中に凛と立つ姿は、ラジオなどで見せる親しみある顔とはひと味違う、“アーティスト・星野 源”の一面を見事に写し出している。

なおAERAでは4月から対談連載「星野 源 音楽の話をしよう」も掲載しているが、本号では、3ページに渡る星野 源のインタビュー記事も掲載する。

10月には新曲「恋」のリリース、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の出演も控え、注目が集まる星野 源のさまざまな顔が一度で味わえる一冊となっている。

関連リンク

星野源 オフィシャルサイトhttp://www.hoshinogen.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。