ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「1人と1匹」で走行距離のワールドレコードを更新中(アメリカ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル(約8,000km)。その道のりに多くの困難が待ち構えているだろうことは、最初からわかっていた。とても達成できないと思った──そう、たったひとりでは。

犬とアメリカ横断!
電動自転車の走行距離で世界記録に

そこでMikeは、一人のパートナーを選んだ。いや、正確には「一匹」のパートナー。それは6歳のメスのレスキュー犬、Bixbyだった。Mikeは電動自転車に、Bixbyは取り付けられたサイドカーに乗って、ふたりは世界記録への挑戦をはじめたのだった。

ふたりはたくさんの美しい景色を見て、素敵な人々に出会い、愉快な日々を過ごした。

道中、ふたりはいくつものアニマル・シェルターに立ち寄り、動物を引き取って里親になることの大切さを広げるための活動を行った。なぜならそこが、ふたりがはじめて出会った場所だから。

テキサス州オースティンのアニマル・シェルターで、Mikeはまだ子犬だったBixbyを引き取った。それ以来、ふたりはずっと苦楽をともにしてきた親友だ。

いつしか旅は31州にまたがり、走行距離は5,000マイルを超えていた。公式に記録された世界記録はもう突破したが、ふたりは念のため10,000マイル走っておくことにした。これなら誰も文句は言うまい。そしてさらに記録を伸ばすために、現在は20,000マイルを目指して旅を続けている。

気がついたら、旅の目的が変わってた

最初は世界記録を破るための旅だった。だがその目標を達成したあとも、旅は続いている。気がついたら、ふたりでいろいろな場所を巡ることそのものが、旅の大切の目的に変わってしまったのだろう。Licensed material used with permission by Wheres Bixby

関連記事リンク(外部サイト)

14年間「実験動物」として生かされた、3匹のビーグル犬が自由になった瞬間
パワフルでレトロな「電動自転車」はいかが?
アメリカの競泳代表選考会。選手の緊張をほぐす「30匹のセラピー犬」が話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP