体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Ásgeir『Where Is My Mind?』Interview

ausgeir2

ボン・イヴェールやジェイムス・ブレイクも引き合いに出される、あたたかみがあり艶のある歌声。そして、アコースティック・ギターやピアノの生音とモダンなエレクトロニクスやビートが織りなす、幻想的で奥行きの深いサウンド/プロダクション。そのアイスランド出身のシンガー・ソングライターの音楽は、ワールド・デビュー盤となった2年前のアルバム『イン・ザ・サイレンス』のリリース以来、ここ日本をはじめ世界中に支持の輪を広げ続けている。先日、昨年のジャパン・ツアーに続き4度目の来日となるホステス・クラブ・オールナイターに出演を果たしたアウスゲイル。日本独自企画の7インチ・シングル『ホエア・イズ・マイ・マインド?』を手土産に携えたかれに、『イン・ザ・サイレンス』以降の近況について、さらに、制作が大詰めを迎えているというニュー・アルバムについて話を聞いてみた。

 

―今回の「ホステス・クラブ・オールナイター」には、あなたと縁の深いジョン・グラント(※『イン・ザ・サイレンス』のリリースにあたり、その元になった作品でアイスランド語で書かれたデビュー・アルバム『Dyrdidaudathogn』の歌詞の英訳を手がけた)も出演されましたが、言葉を交わす機会などはありましたか? 

Ásgeir「いや(笑)」

―そうなの(笑)?

Ásgeir「ジョンの出番が遅かったから。自分が楽屋に戻ったときにはジョンがすでにステージに立っていて、自分達が帰るときにちょうどジョンがステージを終えてっていう感じで、入れ違いだったんだ」

―じゃあ、他のアーティストは誰か見ましたか?

Ásgeir「オフスプリングを見たよ(※日中のサマーソニックに出演)。2、3曲だけね」

―意外な名前が(笑)。

Ásgeir「そうだね(笑)。あと、なんだっけ、あのマーズ・ヴォルタの……アット・ザ・ドライブ・インも観たよ」

―いま名前を挙げてくれたバンドみたいなパンクやハードコアが、じつはあなたの音楽的なルーツや原体験だったりするのでしょうか?

Ásgeir「まあ、そうなのかな。子供の頃、バンドをやってるときにはオフスプリングの曲をやったりしてたし……ただ、あんまり印象には残ってないんだけどね。楽しんでやってはいたけど」

―今度リリースされる日本限定盤の7インチではピクシーズのカヴァーが収録されていますけど、あのへんの80年代や90年代のアメリカのインディ・ロックも子供の頃にはよく聴いていた感じだったのでしょうか? 

Ásgeir「いや、ピクシーズというよりも、あの曲(“ホエア・イズ・マイ・マインド?”)をよく聴いてたんだよね。あの曲をカヴァーすることになったのも突然決まったことで。ある日、たまたまあの曲を聴いてるときにアイデアが浮かんでね。サウンドのイメージだとか、どうやったら原曲とは違うオリジナルなものにできるのかとか、いろいろアイディアが湧いてきて。それでピアノのパートから作り始めて、数時間で完成したんだ。実際、原曲とはまた全然違った感じで、アプローチもかなり変えてるし」

―あの曲はピクシーズのファンの間でも特別な曲ですし、映画『ファイトクラブ』のエンディングで流れたりとかもあって、あなた自身すごく思い入れがある曲なのかなと思ったんですけど、そういうわけではないんですね。

Ásgeir「そう、映画の印象も強いよね。このカヴァーを聴いて反感を覚える人もいるかもしれない……何しろ、原曲とはかなり違ってるからね。実際、親友の一人に強烈なダメ出しをされたし(笑)。親友は原曲が相当好きみたいで……ただ、僕は自分のヴァージョンも気に入ってるよ」

―素晴らしいカヴァーだと思いますよ。で、ああいう大胆で斬新なアレンジを聴くと、やはり次のアルバムへの期待が高まるところなわけですけど。現段階ではどんな仕上がりになりそうですか? 

Ásgeir「来週には最終仕上げに取りかかる予定なんだ。まあ、前作の雰囲気を引き継ぎつつも、前よりもちょっとアップテンポかな。でも、今回はミックスにかなり時間をかけてサウンド作りに集中してるんで、サウンド的にはかなり変化しているかもね。一方で、オーガニックで、出たとこ出しみたいな感じでやってる曲もあるし。全体的に、前回よりもエレクトロニックでアップテンポと言えるのかもしれない」

―たとえば、例の“ホエア・イズ・マイ・マインド?”のカヴァーに漂うR&Bのフィーリングだったりプロダクションというのは、次回作の音作りやそのイメージにおいてキーになっていたりするのでしょうか? 

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。