ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アマチュア無線のハンディ機で5W運用をすると、すぐにボディが熱くなりますが、デジタル簡易無線登録局機である「TPZ-D553」の5W運用は熱くなりません。これはデジタル簡易無線登録局機と比べて「業務機やアマチュア無線機は送信範囲が広い」ことが大きな違いでした。開発チームが解説します。

デジタル簡易無線は帯域が狭い

デジタル簡易無線登録局機は「351MHzだけで5Wが出ればいい。帯域が狭いので調整しやすく、出力アンプも効率よく働きます。5W送信に必要な消費電流が減るわけですから、効率もよくなって熱になるロスが減ります」といいます。

このため、デジタル簡易無線登録局機は「放熱量自体が少ないんです。そして出力アンプの放熱先もいきなり外ではなく、1度内部に逃がしています。放熱シートに熱を集めて外に放出しようとするとそこが熱くなってくる」からです。

これを避けるため「TPZ-D553は熱を基板全体に逃がして、ゆっくりと分散し放熱していく設計。なので、本体が手に持てないほど熱くはなりません」と話してくれました。

デジタル簡易無線の小型・軽量化

デジタル簡易無線で効率のいい5W送信と小型・軽量化の両立ができているのは「いろいろな機能をICで処理しているからです。それを可能にしたのがソフトの開発」です。

「いくら高性能なICを搭載してもプログラムがしっかりしていなければ、機能を発揮できません。コンパクトなTPZ-D553の誕生の背景には、ソフトによるところが大きい」といいます。

ただし「回路のIC化が進んで行くと、今まで問題なく使えたソフトがそのままでは使えなくなります。今回のTPZ-D553でも発売直後に修正をしたり、書き換えた部分はとても多かったですね」と話します。

このほか「正面ボタンの数も6個から4個へ減ったので、操作系のソフトを書き換えています。ディスプレイも小さくなっているので、視認性を上げるための工夫をソフトで行いました」とのことです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP