体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『くるんでコロコロ おだんごパーティー』伝統技法由来の和菓子クッキングトイで、十五夜も自作だんごで!

50-1_edited-5

株式会社タカラトミーアーツより『くるんでコロコロ おだんごパーティー』が発売された。お団子を一度に作れる「球断器」という伝統技法を用いたタカラトミーアーツが手がける初の和菓子クッキングトイ。ただ丸めるだけでなく、中に具材も入れることが出来るのがポイントだ。今年の十五夜(中秋の名月)は9月15日(木)、手作りおだんごなら名月をもっと美味しく楽しめるかも!?

お団子を球状にする道具=球断器。そんな技法があったとは!

球断器とはお団子を球状にする道具のこと。同じサイズのお団子をきれいに一度に作ることが出来る。『くるんでコロコロ おだんごパーティー』は「お月見」をイメージした可愛らしいうさぎをモチーフに、楽しくお団子作りを体験することが出来るもの。

50-1_edited-13

セット内容は、ボウル、うさちゃんローラー、コロコロレール、持ち手カバー、計量カップ、へこませ棒、にんじん型(浅い方・深い方)、つぶし棒、大福カップ、こし網、取扱説明書。

50-1_edited-3

基本のお団子作りは白玉粉とお豆腐で!

材料に用意するのは「白玉粉」と「お豆腐」。お豆腐を使うことでもっちりとした食感の白玉が作ることが出来る。また硬くなりにくいので時間が経っても美味しく頂けるそう。
白玉粉 120g
絹ごし豆腐 150g
オリーブオイル(またはサラダ油) 適量

50-2

ボウルに白玉粉120gを入れる。計量カップの内側の線が30g目安となっているので、4回入れるとちょうど良い。こし網をセットしてお豆腐150gを置き、計量カップにつぶし棒をつけたもので押しつぶす。こし網を外して、白玉粉の粒がなくなるくらいまでしっかりと手でこね合わせる。

 

この時ボウルの中で作業するのだが、ある程度まとまってきたら、まな板の上など広い場所に取り出してさらにこねていく方がこねやすい。出来上がった生地は乾燥しないようにラップで包んでおこう。

 

 

お団子の中に具を入れることが出来るよ!

50-2_edited-1
にんじん型の溝の部分とへこませ棒にしっかりと油を塗っておく。溝いっぱいに生地を詰めて、深い方にへこませ棒を押し当てて凹みを作る。

50-2_edited-2

ここに好きな具材を入れていく。今回はチョコレートシロップを入れてみた。生地がしっかりとくっつくようにニンジン型を合わせて、取り出す。ここでのポイントは、面倒でもにんじん型を使う時は1回ずつ洗浄すると良いということ。油は塗っているのだが、どうしても細かな生地が型に残ってしまい、これを綺麗に取り除いておかないと、次の白玉が綺麗に作ることが出来ない。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。