ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年9月)、Marshmallowのシェアが18.7%に上昇し、Jelly Beanを抜く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 9 月 14 日、いつもより少し遅れて 2016 年 9 月の Android バージョン別シェアの統計データを更新しました。9 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が Lillipop 35.0%(35.5% ↓)、2 位が KitKat 27.7%(29.2% ↓)、3 位が Marshmallow 18.7%(15.2% ↑)、4 位が Jelly Bean 15.6% ↓) 、5 位が Gingerbread 1.5%(1.7% ↓)、6 位が Ice Cream Sandwitch 1.4% ↓)、7 位が Froyo 0.1%(0.1% →)という結果でした。現在の最新 OS は Android 7.0 Nougat ですが、今回の統計データには登場していません。この数ヶ月 シェアを伸ばしている Marshmallow は前回から伸び率も上げており、今回で Jelly Bean を抜き 3 番目にシェアの高い OS バージョンになりました。しかし、Lollipop と KitKat との差はまだ大きいことから、今後も 2 ~ 3 ヶ月の間は今回の順位が続いていくものと見られます。Source : Android Developers

■関連記事
YouTube、クリエイターと視聴者を繋ぐ新サービス「YouTube Community」をローンチ
Xperia X CompactのAF性能が“ライトニングファスト”との高い評価
ハイライトムービー作成アプリ「Movie Creator」がAndroid 7.0をサポート、表示順の入れ替えなどにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。