ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クロアチアの世界遺産「ドブロブニク」のオススメ観光スポット15選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
クロアチアの世界遺産「ドブロブニク」のオススメ観光スポット15選

皆さんは、クロアチアにある街・ドブロブニクをご存知でしょうか?1979年に世界遺産に登録された旧市街は、「アドリア海の真珠」とも謳われるほど美しい町並みです。

また、ジブリの名作「魔女の宅急便」の舞台の参考にされた街としても有名で、世界的にも人気が高いです。今回は、そんなドブロブニクへ旅行に行った際に、必ず訪れたい観光スポット15ヶ所を厳選してご紹介いたします。

 

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに5選追記しました。(2017/10/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ドブロブニクに行ってみての感想

Photo by:新田浩之

私は2015年11月、2016年11月の計2回、ドブロブニクを訪れています。ドブロブニクはアドリア海に面した美しい町。美しいドブロヴニクの写真が出回っていますが、正しくは写真のとおりです。

ドブロブニクの人々はホスピタリティーにあふれています。ぜひ、建築物だけでなく、現地の人々との交流も楽しんでください。

 

観光する際のアドバイス

Photo by:新田浩之

ドブロブニクは治安のいい町です。したがって、治安の心配はいりません。ドブロブニクで注意したいのが物価。隣国のボスニア・ヘルツェゴビナやモンテネグロと比べると、本当に物価が高いです。また、オンシーズンに訪れる場合は早めにホテルを予約しておきましょう。

 

おすすめスポット

Photo by:新田浩之

値段は高いですが、ドブロブニク旧市街の城壁巡りはしておきたいところ。美しい旧市街はもちろん、アドリア海も間近で見られます。ドブロブニクの歴史に興味のある方は現地ツアーに参加するのもいいでしょう。また、マリンスポーツも盛んです。
他におすすめの記事はこちらです
女は黙ってクロアチアの「ザグレブ」に行っておけば、必ず良い恋に巡り会える10の理由(持論)
クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと

 

*編集部追記(2017/10/30)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.旧市街の城壁

Lindsay Starkさん(@lindserrific)が投稿した写真 – 2015 10月 9 7:33午後 PDT

世界遺産に登録されているドブロブニク旧市街は、城壁に囲まれています。この城壁は上に登って一周することができ、城壁の外側は青い海、内側は赤い屋根の街並みと、美しいコントラストのある景観を楽しめます。

オフシーズンは営業時間が短くなるので注意が必要です。
■詳細情報
・名称:旧市街の城壁
・住所:Placa ulica 32 | just inside Pile Gate, to the left., Dubrovnik 20000, Croatia
・マップ:
・営業時間:4月~10月(9am-6.30pm)/11月~3月(10am-3pm)
・電話番号:+385-20-638-800
・料金:大人100クーナ/子供30クーナ
・公式サイトURL:https://www.dubrovnikcity.com/dubrovnik/attractions/dubrovnik_city_walls.htm

 

2.ドブロブニク・ケーブルカー

旅する映像クリエイターさん(@roro_tabi)がシェアした投稿 – 2017 7月 14 7:46午後 PDT

ドブロブニクの美しい街並みを見渡したいなら、ぜひケーブルカーを利用してみましょう。

スルジ山の山頂へと向かうケーブルカーからは、旧市街含め、ドブロブニクの街並みをパノラマビューで見下ろすことができます。夜景がきれいなので、夜に行くのもオススメです。
■詳細情報
・名称:ドブロブニク・ケーブルカー
・住所:Frana Supila 35a, Dubrovnik, Croatia
・マップ:
・営業時間:季節によって異なるので、公式URL参照
・電話番号:+385 20 325 393
・料金:大人(片道)120クーナ / 小人(往復)60クーナ→70クーナ
・公式サイトURL:http://www.dubrovnikcablecar.com

 

3.プラツァ通り

Suraj Chhabraさん(@suraj123c)が投稿した写真 – 2016 8月 14 12:29午後 PDT

ドブロブニク旧市街のメインストリート「プラツァ通り」には、お土産屋さんやレストランなどが数多くあり、常に多くの観光客で賑わっています。

もと運河のきれいな通りなので、歩いているだけで楽しい気持ちになります。
■詳細情報
・名称:プラツァ通り
・住所:Old Dubrovnik, Dubrovnik, Croatia
・マップ:

 

4.ミンチェタ要塞

ミンチェタ要塞

photo by pixta

旧市街で一番高い建物といえば、この「ミンチェタ要塞」です。旧市街の城壁から登って行くことができ、要塞からは海も見渡せます。

特に晴れた日は、建物の屋根、空、海の色が相まってとても美しいと言います。
■詳細情報
・名称:ミンチェタ要塞
・住所:Dubrovnik, Croatia
・マップ:
・電話番号:+385 20 312 011
・公式サイトURL:https://www.dubrovnikcity.com/dubrovnik/attractions/minceta_fortress.htm

 

5.ピレ門

원썽의 여행스타그램さん(@wonsssung)が投稿した写真 – 2016 6月 17 1:28午後 PDT

旧市街へ入るためのメインゲートで、周辺は観光客で混雑しています。厳格で頑丈な門には、街の守護神・聖ブラホ像が掲げられているそう。

ツーリストインフォメーションも近くにあるので、とても便利です。
■詳細情報
・名称:ピレ門
・住所:Ul. Vrata od Pila, 20000, Dubrovnik, クロアチア
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.dubrovnikcity.com/dubrovnik/attractions/dubrovnik_city_gates.htm

 

6.クロアチア独立戦争博物館

Ryokoさん(@ryoko000000)が投稿した写真 – 2016 8月 15 7:17午前 PDT

内戦時に破壊されたドブロブニクの街の写真など、クロアチアの内戦の歴史を感じることができる博物館です。

丘の上に建っており、夕暮れ時には、夕日に照らされた美しい街並みを鑑賞することができるそう。夕暮れの街並みの撮影スポットとしてもオススメです。
■詳細情報
・名称:クロアチア独立戦争博物館
・住所:Fort Imperial | Mount Srđ, Dubrovnik, Croatia
・マップ:
・営業時間:11月3日~3月21日(8am-4pm)/3月22日~11月2日(8am-6pm)
・公式サイトURL:http://www.tzdubrovnik.hr/lang/en/get/muzeji/5681/museum_of_croatian_war_of_independence.html

 

7.旧総督邸

TOMO TERAさん(@tomo_tera)が投稿した写真 – 2016 6月 19 3:50午後 PDT

昔の旧市街(ラグーサ共和国)の総督が利用していた建物であり、海外ドラマのロケ地としても使われることが多い「旧総督邸」。

ゴシック様式のアーチが特徴的で、内部はクロアチアの歴史博物館として公開されています。
■詳細情報
・名称:旧総督邸
・住所:Pred dvorom 1, Dubrovnik 20000, Croatia
・マップ:
・営業時間:5月~10月(9am-6pm)/11月~4月(9am-4pm)
・電話番号:+385 20 321 437
・料金:大人80クーナ/子供25クーナ
・公式サイトURL:https://www.dubrovnikcity.com/dubrovnik/attractions/rectors_palace.htm

 

8.オノフリオの大噴水

オノフリオの大噴水

photo by pixta

旧市街のピレ門からすぐの場所にある大噴水です。人々の憩いの場であり、古くから人々の喉を潤してきた天然水が湧き出ています。

16種類の異なる顔の彫刻から水が噴き出しており、ここでは冷たい湧水を飲むことができるので、ペットボトルに汲んで帰る人も多いそうです。
■詳細情報
・名称:オノフリオの大噴水
・住所:Placa ulica 32, Dubrovnik 20000, Croatia
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.dubrovnikcity.com/dubrovnik/attractions/onofrio_fountain.htm

関連記事リンク(外部サイト)

ここ知ってる?クロアチアの美しい港町トロギールで世界遺産を堪能する
クロアチア観光で役に立つ10の情報
クロアチア旅行で食べたいおすすめ料理17選
失恋体験をアートに!ザグレブの「失恋博物館」ってなんだ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。