ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人と顔立ちが似ている秘境の国!キルギスの旅行記まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は旧ソビエト連邦のキルギスをご紹介します。旅行記を見ていただければわかりますが、キルギスの人々は日本人と顔立ちがよく似ています。一体、キルギスにはどのような魅力があるのでしょうか? さっそく見ていくことにしましょう。

①シルクロードの雰囲気漂う国、キルギス


最初にご紹介するのはShohei Watanabeさんの旅行記から。Shohei Watanabeさんの旅行記を見ると、何となくシルクロードの雰囲気が漂ってきます。どことなくエキゾチックでありながら、旧ソ連の名残も残っている。少し不思議な雰囲気がありますね。様々な角度からキルギスに迫っているので、とても興味深い旅行記です。

Shohei Watanabe「キルギス ソ連に翻弄された地へ訪れる。

②「中央アジアのスイス」、キルギスの魅力


キルギスは「中央アジアのスイス」とも呼ばれています。Kishigami Tetsuyaさんの旅行記を見ると、「中央アジアのスイス」と呼ばれている理由がよくわかるでしょう。このアラコル湖の写真を見てください! 一回はこの目で見たいですね。本場スイス顔負けの絶景です。

Kishigami Tetsuya「キルギスの秘境ならここアラコル湖!苦難を乗り越えたもののみ絶景に出会えます。

③キルギスを代表する美しい湖、イシククル湖


キルギスの絶景はアラコル湖で終わりません! 一番有名な湖がイシククル湖です。この海のような湖では夏になると湖水浴を楽しむ人々で賑わいます。Kishigami Tetsuyaさんの旅行記では、イシククル湖の絶景だけでなく、キャンプやアクセス方法まで書いてあります。ぜひ、「中央アジアのスイス」を代表する湖に行ってみませんか?

Kishigami Tetsuya「満点の星空の下でユルタキャンプ!おすすめイシククル湖!

キルギスでの温かい交流を通じて感じるものは?


最後に紹介するのはNakano Takayukiさんの旅行記。Nakano Takayukiさんはキルギスの人々の表情をイキイキと伝えています。現地での楽しい交流がダイレクトに伝わってきますね。また、食べ物や絨毯の写真もあるので、キルギスの人々の生活も垣間見ることができます。

Nakano Takayuki「キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜

キルギスへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP