ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「真田丸」関ヶ原の戦いでは片岡愛之助のおネエ愛弟子も活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いがたった50秒ほどで描かれたことで話題のNHK大河ドラマ『真田丸』。三谷幸喜の脚本に驚かされた視聴者も多いと思うが、意外な役者に注目しているのが時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんだ。ペリーさんが、独特の視点で『真田丸』の関ヶ原を斬る!

 * * *
 そんなわけで『真田丸』第36話「勝負」を見て、びっくり仰天した人も多かったはず。私もラストで「えっ」と驚いて口あんぐり状態であった。
 
 なにしろ、この回は真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)が石田方、嫡男信幸(大泉洋)が徳川方につくと決め、涙をこらえて敵味方分裂を認め合った前回「犬伏」を受けた続きである。ついに「第二回上田合戦」勃発で兄弟激突!?という大変なストーリーだった。

 結果的には兄弟は密かに連絡をとりあってきわどい戦いを展開、信幸を監視する徳川の視線を気にしつつ、なんとか乗り越えたのだが、昌幸と信繁が「徳川を追い払った」と歌え踊れの喜びの酒宴をしている最中、情勢を探っていた佐助(藤井隆)が戻ってくる。その報告によれば、なんと関ヶ原の戦いはすでに終わり、徳川方の大勝利!…何っ!? もう終わり!?
 
 かくして信繁といっしょに口あんぐりになったのだが、思えば、『真田丸』は、有名な本能寺の変から、明智光秀が秀吉に討ち取られるまでもわずか数分ですませるという大胆な展開を見せていた。それを考えれば、これまであまり詳細を描かれなかった「第二次上田合戦」に力を入れて、結果をみんなが知っている「関ヶ原の戦い」があっさり完結するのもアリだったか…。恐るべき戦国ドラマである。

 そんな中、私がものすごく気になるのは、関ヶ原の戦いで石田方につき、討ち死にした大谷吉継(片岡愛之助)…ではなく、吉継に影のように付き従っていた家臣・湯浅五助である。

 その五助を演じていたのは、このコラムでも以前紹介した愛之助の弟子・片岡愛一郎である。かの『半沢直樹』で愛之助が演じたオネエキャラ黒崎のモデルになったという愛一郎。『波瀾爆笑』などで観た彼のしぐさは、さすが歌舞伎の女形という感じのくねくね感とピカピカのおでこが印象的だったが、『真田丸』の五助は、一味違った。

 家康暗殺を企て、仲間になってくれと誘いにきた三成と「これからは徳川の力が必須」と意見が対立する吉継。緊張が極まったその瞬間、主人を守るため、五助を思わず、三成に挑む!すんでのところで、吉継に押しとどめられたが、甲冑姿の五助はなかなかにりりしい。

「犬伏」の回では、徳川との戦いを前に吉継は三成と対面。ふたりは手を組む。その際にふたりの間で、ガチャガチャと甲冑を揺らしながら走り回るのが五助であった。「どうしても殿にお会いしたいと仰せです」「わが主がお呼びでございます」など、大物武将の家臣らしいセリフを発するたびに、「おお」といちいち感心していた私だが、五助も関ヶ原で主人と運命をともにして、もう見られないと思うと残念である。

『真田丸』は、秀吉や家康など歴史の大人物や大事件の動きを追うだけでなく、五助のようにちょっとだけ出てくるキャラを探す楽しみもある。いよいよ負け組となった真田家の昌幸、信繁がこれからどんな「ちょっとだけキャラ」と出会うのか。このコラムでもチェックしたいと思う。

【関連記事】
歴女にお勧め 関ヶ原の合戦再現した日本唯一の体感型資料館
大谷吉継の16代目「先祖が凄いと子孫は大変です」
57回の戦で無傷の本多忠勝 小刀で手を切った数日後に死去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP