ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポータブルクーラー「Zero Breeze」がアウトドアで大活躍。しかも、冷やすだけじゃない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。

でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しいに決まってる。特に小さな子どもがいた場合は尚更。熱中症のリスクだって侮れませんしね。

じゃあ、このポータブルクーラー「Zero Breeze(ゼロブリーズ)」はどう?以下、想定される使用シーンを紹介。

BBQ


テント内





屋外作業

海や湖はある程度涼しいはずなのでイイとして、昼間のテント内はたしかに暑い。肉を焼いているときなど言わずもがな。

フル充電で5時間程度
使用可能

サイズは、長さ約48、幅約20、高さ約28cm。重量は約6.3kgなので、持ち歩きもそこまで苦にはならないはず。

現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中。いまなら早割として特別価格349ドル(約35,000円)で購入可能です。

ダメ押し!
実はこんな機能も

ここで終わりかと思いきや、最後にとっておきの機能を紹介。

実はUSBポートが2つ付いており、デバイスの充電が可能。さらに、BluetoothスピーカーやLEDライトとしても活躍する。

どう?ダメ押しになった?Licensed material used with permission by Zero Breeze

関連記事リンク(外部サイト)

「Coleman」が本気で作った女性向けアウトドアアイテム6つ
多機能すぎる「クーラーボックス」が登場!ミキサー、まな板、USB充電ポートや防水スピーカーまで・・・
品切れ状態!指輪型ウェアラブルデバイス「RING ZERO」の実力とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP