ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性なら低容量ピルのメリットを知っておこう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

低容量ピルは避妊薬ですが、実は避妊以外の目的でも使用されていることをご存知でしょうか。特に生理痛が重い人やPMS症状が強い人に対し医師から処方されるケースも少なくありません。女性は心身を女性ホルモンに支配されている部分もあり、それに振り回されず毎日穏やかに過ごすにはいろいろな努力が必要です。生活の質を保つためにピルという選択肢があることを頭に入れておきましょう。

低容量ピルのさまざまなメリット

当然、ただしく服用することで避妊効果を得ることができますが他にも生理痛の緩和、生理日数の短縮、経血量の減少、PMSの軽減、生理周期の安定、子宮内膜症の予防や改善、卵巣がんや子宮体がんのリスクの軽減、肌質の改善といったメリットがあります。生理周期が不安定で予定を立てにくい人や、生理痛が重すぎて、生理休暇を取らなければならないレベルの人はピルについて医師に詳しい話を聞いてみると良いと思います。

なんとプレ更年期にも良いらしい

40代になると気になるのが更年期の症状です。更年期が近いということで、イライラが続くと更年期障害が始まったのかしら?と不安になる人も少なくないはず。とはいえホルモン補充療法をするほどでもないし…、という場合にも低容量ピルという選択肢があるといいます。低容量ピルでは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの両方を補うため、更年期に入りそうだけれど閉経はまだ先、という人には良いとされます。しかしホルモン補充療法のようにエストロゲンを補うわけではないのでホットフラッシュやうつには不向きという情報も。ホルモン補充療法に移る前のプレ更年期にはピルでも十分対応できそうです。

ただし40代から避妊以外の目的でピルを始める場合は、コレステロール値やがんの有無などを先に病院で調べる必要があります。脂質異常が発症しやすく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高い世代なので、それらのリスクがない人しかピルは処方されません。プレ更年期の人は自分の健康を守るために婦人科にピルという選択肢も含めた相談に行くと、更年期や更年期障害を予防するために何をすれば良いか、オーダーメイドの情報がもらえるはずです。一度健康診断も兼ねて相談に行ってみましょう。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP