ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知ってた?「築地 銀だこ」の裏メニュー「はだか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国に展開するたこ焼チェーン「築地 銀だこ」(通称:「銀だこ」)。

筆者にとって、たこ焼といえば「銀だこ」だった。

地元のショッピングモールに入っていて、先輩がアルバイトしていた「銀だこ」。

かつて職場の先輩と街コンに行ったら、先輩が一人勝ちするもんだから、ふてくされて食べた「銀だこ」。

最近では、小腹がすいたときに、サクッとたこ焼とビールを摂取しに子ども連れで行く「銀だこ」。

……そんな、私としては思い出たっぷりの「銀だこ」なのだが、なんと裏メニューがあるらしい。

知らんかったーーー!!!

というわけで、裏メニューを体験しに行ってきましたよ。

築地 銀だこ ハイボール酒場 渋谷東口店へ

私がよく利用させてもらっているのが、「渋谷ヒカリエ」隣にある「銀だこ」。

ここは「ハイボール酒場」という形態の店舗で、たこ焼以外にアルコールやおつまみメニューもあり、イートインも可能だ。

子ども連れで行っても快く迎えてくれる、懐の深いお店(いつもありがとうございます)。

店内は1階・2階に分かれていて、背が高めのテーブルが配置されている。

ここでは、立ち食いスタイルでたこ焼を食べることができるのだ。

生地の風味を楽しめる「はだか」

ではでは、さっそくオーダーしてみよう。「はだか」と呼ばれる裏メニューだ。

じゃーーーん!!!

「はだか」とはつまり、青のりやかつおぶし、ソース、マヨネーズなどをつけないそのままのたこ焼のこと。

ヌーディーなたこ焼だ。

「銀だこ」のたこ焼は、メーカーと独自で開発したミックス粉に、自家製のダシ、うま味の入ったオリジナルの天かす、ねぎ、紅ショウガで作られる生地の中に、大ぶりなタコが入っている。

そんな生地の風味を存分に感じられるのが「はだか」なのだ。

食べてみると、生地にも味がしっかりついていたのだということがよくわかる。

余計なものがついていない分、“外はパリパリ、中はトロッと”がいつもより鋭敏に感じられた。

ちなみに「はだか」の値段は、通常の「たこ焼」と同じ。

もし「はだか」って言いにくかったら、「何もつけないでください」と言ってみてね。

店員の高橋由衣さんによると、「テイクアウトには、実は『はだか』がオススメなんですよ」とのこと。

「ソースやマヨネーズをかけた状態で持ち帰ると、徐々に水分がたこ焼に移ってしまい、パリパリの食感が失われていくんです。パリパリ食感がお好みなら、何もかけないでテイクアウトしていただくと食感が保たれます」

確かに、少し冷めた状態になっても、パリパリ食感でおいしかった。

ソースとマヨネーズは別添えでもらえるので、青のりとかつおぶしを用意すれば、お店の味を再現できる。

ただし、数時間経つとさすがにふわふわになるので注意(これはこれでおいしいんだけど)。

てりたま+ねぎトッピングもやってみた

私はいつも、“てりやきソース”と“新鮮たまごサラダ”がトッピングされた「てりたま」か、ねぎたっぷりのたこ焼を“おろし天つゆ”につけて食べる「ねぎだこ」のどちらにしようか悩み、結局ソースで食べるベーシックな「たこ焼」を注文することが多かった。

せっかくなので、「てりたま」に「ねぎトッピング」ができないかと聞いてみると「できる」との返答が……!

ぉぉおおマジっすか!!

これが私の夢のコラボ「てりたま」+「ねぎトッピング」!

「てりたま」650円に、100円追加で「ねぎ」をトッピングできる。

なんと、100円で夢が叶ってしまった。

せっかくなので近づいて撮った写真もどうぞ。

「てりたま」は濃厚なので、ねぎのちょっとした辛みが加わることによってサッパリして、とてもおいしい。

なんてこった。何で今までやらなかったんだ!

トッピングできることはメニューに載っていないが、それについて広報ご担当の丸山さんにうかがうと……、

「商品開発を行い、私たちの考える『これがベスト』という組み合わせをメニュー化しているので、トッピングを公式に出してしまうことによって、味のバランスが崩れるのではないかという点を危惧していまして。とはいえ、お客様の要望にはできるだけお応えしたいので、店舗ベースで、できうる限りのことは対応したいというところです」

なるほど。

だから、例えば半分だけ「はだか」にして、残りを通常の「ソース」にすることや、「てりたま」に「チーズトッピング」などのアレンジに対応してくれることもあるという。

これは注文時に相談してみるといいだろう。

「ハイボール酒場」限定メニューにも注目

「ハイボール酒場」では、通常のたこ焼メニューのほかに「プレミアムたこ焼」なるものが存在する。

定期的にラインナップが変わるそうで、ポーションも3~4個と少なめ。おつまみとして食べられることを考慮し、いろいろな味を試せるように、このような形をとっているそうだ。

先程登場していただいた店長の高橋さんにオススメをうかがうと、「旨辛ねぎラー油」とのことなので、こちらも注文してみた。

青ねぎにクリームチーズ、食べるラー油がたっぷりかかった一品。

これがまた、味が濃いめでピリッとくるので、絶対ビールやハイボールが合いそう~!

なめらかなクリームチーズが、辛さと調和してまろやかにする。

そこまで辛くないので、辛いのが苦手な人でも大丈夫なのではないだろうか。

(私は激辛好きなので、あくまでも主観だが)

今、見直したい「銀だこ」の魅力

長年「銀だこ」の「たこ焼」を愛食している私だが、取材してみると知らないことだらけだった。

通常メニューにトッピング対応してくれることはもちろん、おいしい生地の追求や、タコはおおぶりなものを入れるこだわりも知れた。

というのも、「銀だこ」のたこ焼は20~30分かけてじっくり火を通すため、タコが縮んでしまうことも計算して、もうひと回り大きなタコを入れているらしい。

こんな企業努力があったなんて。

なんというか、これからもお世話になります!

さらに「銀だこ」、9月8日から新メニューも登場している。

「てりたま」のプレミアムバージョンで、その名も「てりたまチーズコンソメ」。

たまごサラダに、卵黄のみ使用したマヨネーズ、パルメザン&モッツァレラチーズ、最後にコンソメパウダーを振りかけるという、贅沢なもの。

「ハイボール酒場」を含む、全国の「銀だこ」で食べられるそう。

取材時にはまだ出ていなかったので、今度食べに行こう。

みなさんも期間限定なので、お早めに!

お店情報

築地銀だこ ハイボール酒場 渋谷東口店

住所:東京都渋谷区渋谷2-22-13 渋谷東口マイアミビル

電話番号:03-6418-5065

営業時間:11:00~23:00(LO 22:30)

定休日:無休

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:栗本千尋

1986年生まれ。青森県八戸市出身(ですが、実家が最近なぜか仙台に引っ越しました)。情報系雑誌をはじめ、旅行やグルメ雑誌、webメディアなどでお仕事しています。旅行会社→編集プロダクション→任侠系DVD会社勤務を経て、2011年からフリーライターに。2014年に出産し、一児の母になりました。

関連記事リンク(外部サイト)

オニギラズ対抗馬ナンバーワン! ダイエットの味方、オコノミヤカズの実力
いろいろ食べ飽きたから! 聞いたことない世界の料理にダイブ【まとめ記事】
【マンガ】「マグロのカマ」を今夜の酒の肴にしてみる【絶品! 晩酌天国】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP