体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知ってた?「築地 銀だこ」の裏メニュー「はだか」

f:id:naruse_e:20160902140328j:plain

全国に展開するたこ焼チェーン「築地 銀だこ」(通称:「銀だこ」)。

筆者にとって、たこ焼といえば「銀だこ」だった。

地元のショッピングモールに入っていて、先輩がアルバイトしていた「銀だこ」。

かつて職場の先輩と街コンに行ったら、先輩が一人勝ちするもんだから、ふてくされて食べた「銀だこ」。

最近では、小腹がすいたときに、サクッとたこ焼とビールを摂取しに子ども連れで行く「銀だこ」。

……そんな、私としては思い出たっぷりの「銀だこ」なのだが、なんと裏メニューがあるらしい。

知らんかったーーー!!!

というわけで、裏メニューを体験しに行ってきましたよ。

築地 銀だこ ハイボール酒場 渋谷東口店へ

f:id:naruse_e:20160902140413j:plain

私がよく利用させてもらっているのが、「渋谷ヒカリエ」隣にある「銀だこ」。

ここは「ハイボール酒場」という形態の店舗で、たこ焼以外にアルコールやおつまみメニューもあり、イートインも可能だ。

子ども連れで行っても快く迎えてくれる、懐の深いお店(いつもありがとうございます)。

f:id:naruse_e:20160902140440j:plain

店内は1階・2階に分かれていて、背が高めのテーブルが配置されている。

ここでは、立ち食いスタイルでたこ焼を食べることができるのだ。

生地の風味を楽しめる「はだか」

ではでは、さっそくオーダーしてみよう。「はだか」と呼ばれる裏メニューだ。

f:id:naruse_e:20160902140546j:plain

じゃーーーん!!!

「はだか」とはつまり、青のりやかつおぶし、ソース、マヨネーズなどをつけないそのままのたこ焼のこと。

ヌーディーなたこ焼だ。

「銀だこ」のたこ焼は、メーカーと独自で開発したミックス粉に、自家製のダシ、うま味の入ったオリジナルの天かす、ねぎ、紅ショウガで作られる生地の中に、大ぶりなタコが入っている。

そんな生地の風味を存分に感じられるのが「はだか」なのだ。

食べてみると、生地にも味がしっかりついていたのだということがよくわかる。

余計なものがついていない分、“外はパリパリ、中はトロッと”がいつもより鋭敏に感じられた。

ちなみに「はだか」の値段は、通常の「たこ焼」と同じ。

もし「はだか」って言いにくかったら、「何もつけないでください」と言ってみてね。

f:id:naruse_e:20160902140624j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。