体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE、ベスト盤収録MV53本の究極ダイジェスト映像をYouTubeにて公開!

EXILEのベストアルバム『EXTREME BEST』に収録される全53本のMVを一挙にチェックできるダイジェスト映像がYouTubeにて公開された。
EXILE (okmusic UP's)
『EXTREME BEST』は、デビュー曲「Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~」をはじめ、日本レコード大賞において史上最多となる4度の大賞を受賞した「Ti Amo」「Someday」「I Wish For You」「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」など、数々のヒット曲を世に送り出してきたEXILEの15年間の軌跡が刻み込まれた作品。CDに歴代のヒットシングル45曲が収録されるほか、DVD/Blu-rayには53本のMVが収録され、合計再生時間は6時間を超える超大作となる。

デビュー以来15年間、ダンス&ボーカルグループというスタイルでエンタテインメントを追求し続けてきたEXILE。その表現方法のひとつであるMVは、メンバーによるパフォーマンスはもちろん、創造性、スケール、映像技術などすべてが日本のエンタテインメント作品の歴史ともいえるほど高いクオリティーを求めて制作されてきた。その圧倒的なクオリティーは、MTV JAPANにおいて、一年で最も優れたMVを決める“Best Video of the Year”を史上最多の5度も受賞していることにおいても証明されている。

2010年に同賞を受賞した「ふたつの唇」では、楽曲部分を含めて約16分というドラマ作品を作り上げ、2014年、5度目の受賞作となった「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」では圧倒的なスケールのダンスパフォーマンスを披露。さらにパフォーマーに焦点を当てた作品「PERFORMER’S PRIDE」ではニューヨークの街中を舞台に19分を超えるダンス映像作品を完成させるなど、作品性の多様さはまだ見ぬエンタテインメントを追求して進化し続けてきたEXILEならでは。15年間日本のエンタテイメントの頂点を走り、そして牽引してきた彼らの世界観が詰まった、まさに“究極”の映像作品集となっている。

今回YouTubeに公開された映像は6時間を超える収録内容を約6分にダイジェスト編集したもの。まずはこのダイジェスト映像を通じて、EXILEが追求してきたエンタテインメントを、そしてその活動の軌跡を感じとってみてほしい。

EXILE / 9/27発売「EXTREME BEST」MV53曲全曲ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=_MyK02z6ENI

アルバム『EXTREME BEST』
2016年9月27日発売

【3CD】

RZCD-86185~7/¥3,500+税

※初回盤:三方背ケース

【3CD+4DVD】

RZCD-86179~81/B~E/¥6,980+税

※初回盤:三方背BOX仕様/デジパック/84Pフォトブック収録

【3CD+4Blu-ray Disc】

RZCD-86182~4/B~E/¥7,980+税

※初回盤:三方背BOX仕様/デジパック/84Pフォトブック収録

<収録曲>

■DISC1:CD

1. Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭(カタチ)~

2. Fly Away

3. Song for you

4. We Will ~あの場所で~ -Orchestra Version-

5. Together

6. Choo Choo TRAIN

7. Carry On

8. 運命のヒト -Orchestra Version-

9. real world

10. HERO

11. EXIT

12. ただ・・・逢いたくて

13. SCREAM / GLAY×EXILE

14. Everything

15. Lovers Again

■DISC2:CD

1. 道

2. SUMMER TIME LOVE

3. 時の描片 ~トキノカケラ~

4. 24karats -type EX- / Sowelu, EXILE, DOBERMAN INC

5. I Believe

6. Pure

7. You’re my sunshine

8. Ti Amo

9. LAST CHRISTMAS

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会