ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AppleからiPad向けコーディング学習アプリがこの秋登場!知識ゼロの子どももプロ使用の言語「Swift」を楽しく学べる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このたびAppleは、iPadで子どもがコーディングを楽しく学べるアプリをローンチする。

「Swift Playgrounds」というiPad用アプリで、Apple向けのアプリ開発の経験を積むのにピッタリ。子どもが遊びながらコーディングを学べるという。

・プロも使うプログラミング言語「Swift」を学ぶ

とはいうものの、使用されているプログラミング言語は「Swift」といい、今日著名な数多くのアプリで実際にプロが開発用に用いているものだ。iOS、OS X、WatchOS、tvOS、Linuxのほか、9月13日ローンチ予定のiOS 10にも対応するという。

どんな子どもたちも、初めは一切プログラミングの知識はないが、Swiftのコードを実際に使いながら、リアルのアプリを開発することが可能だ。

・レッスンは途中でスキップも可能

コーディング学習用のレッスンプログラムが用意されていて、まず最初は基礎的な“Fundamentals of Swift”から始めよう。

日々学習を続けていくうちに、コマンドを実行したり、ファンクションやループの設定をしたり、特定条件付きのコードを入れたり、バグを修正したり……。より複雑なコードを作成できるようになっていくという。

学習形式は直線的な方式ではなく、途中で自由に変更可能なので、スキップして先に進めたり、自分の興味のままに学習できるため、子どもたちも飽きにくい。

iPadのマルチタッチスクリーン機能やシンプル操作機能を活かし、タップやドラッグ、タップして範囲選択したり、テキストや数字入力したり、感覚的な操作でコードを組めるため、とてもシンプルでわかりやすい。iPad内蔵の加速度計やジャイロスコープを活用したコーディングを実行しても楽しそうだ。

・完成したコードを友人とシェアしよう

完成したコードはメールやSMS、クラウドシステムなどを通じて、友人とシェアすることができる。

友人はコードの仕上がりを閲覧できるばかりでなく、そこにアレンジを加えることもできる。がんばった成果はいろんな人に見てもらえると励みになるものだ。

子どもだけでなく、コーディングに興味はあれど手が出なかった学生や大人まで、楽しく学びを進めることができそう。アプリはこの秋登場予定。

Swift Playgrounds

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP