ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過眠障害「ナルコレプシー」の原因は脳内物質オレキシン不足

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間は睡眠によって脳や身体をリフレッシュさせている。ナルコレプシーは、夜中に何度も目を覚まし、日中に突然居眠りをする、喜怒哀楽を表わす際に力が抜ける情動脱力発作が起こる、朝になっても起きられず、入眠時に幻覚や金縛りなどが起こる病気だ。

 思春期に多く発症し、患者は日本人の約1000人に1人と推計されている。思春期に起きやすいため、うつ病やリズム障害など他の病気と診断されるケースも多い。

 近年、ナルコレプシーの原因として脳内物質のオレキシンが関与していることがわかってきた。この物質を発見した筑波大学の国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長に話を聞いた。

「オレキシンは、脳内にある覚醒物質の一つで、目覚めと眠りの切り替えスイッチの役割をはたしています。人間の神経細胞は、約1000億個ありますが、オレキシンを産生する細胞はわずか5~7万個。ナルコレプシー患者は、オレキシンを産生する細胞が脱落・減少しているため、覚醒を維持することができなくなっていると考えられます」

 オレキシンは、ゲノムプロジェクトで発見された。神経伝達物質は受容体(鍵穴)と、それを刺激する物質(鍵)が結合して作用する。鍵の物質が見つかっていない「オーファン(孤児)受容体」の相手を見つける研究で発見されたのがオレキシンだ。

 当初、食欲や体重の調整に関連する物質と推測されていた。ところが、遺伝子組み換えでオレキシンを作れないようにしたマウスで調べたら、エサを食べる量は多少減るものの痩せない。そこで、夜行性であるマウスの行動観察のために24時間赤外線カメラを設置したところ、元気に動き回っていたマウスは突然動きが止まり、倒れるなどの行動が確認された。

 しかも30秒ほどで、また動き始めた。マウスに脳波計をつけて測定してみると、人間のレム睡眠(浅い眠りで脳が動いている状態)と同じような状況であることがわかった。

「人間の睡眠は、ノンレム睡眠(深い眠りの時期)が90分ほど続き、その後、レム睡眠に入ります。マウスがパタッと倒れるのは、覚醒から突然レム睡眠に入ったためで、これはナルコレプシーそのものです。これでオレキシンは、脳を覚醒させ維持する役割があることがわかりました。その後の研究で、ナルコレプシーの患者も、オレキシンが減少しているのが判明したのです」(柳沢機構長)

 ナルコレプシー治療は、日中の眠気予防のため、覚醒作用のある薬物療法が主だが、めまいや吐き気などの副作用もある。現在、機構ではオレキシンを補充する薬の研究を進めている。オレキシンは、アミノ酸が集まったペプチドなので、このままでは脳内に到達できない。そこで、受容体に結合し、オレキシンと同じ作用をする物質の試作品を合成した。2、3年後には前臨床試験を開始する予定だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

【関連記事】
不眠症対策 覚醒に作用する神経伝達物質「オレキシン」に注目
「眠った満足感がない」など睡眠学者が教える不眠度チェック
小栗旬 鬼から逃げ回るゲームを最先端映像機器で体験する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP