ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立川志らく 渥美清を語るトークイベントでオススメ作品紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 立川志らくトークイベント『俳優 渥美清 没後20年を迎えて』が9月1日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで開催された。

 落語家であり映画評論家としての顔を持つ立川志らく(53才)。師匠である立川談志が渥美清と親交が深かったこともあり、『男はつらいよ』シリーズ全48作を観たところ、その魅力にハマり、いつしか“寅さん博士”になっていたという。

 また、寅さんについて語り尽くす独演会を開催した際、山田洋次監督に「俺より詳しい」と言われたとのエピソードも明かした。

 さらに志らくは、役者・渥美清の魅力を知るためのオススメ映画4本を紹介。『拝啓天皇陛下様』(1963年)、『キネマの天地』(1986年)、『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年)、『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983年)というラインナップだった。

撮影/小彼英一

【関連記事】
山田洋次監督、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎が勢ぞろい
前田吟 渥美清から26年間で一度も演技について助言されず
談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP