ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セ・リーグMVPは「カープ対ヤクルト山田」の様相?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


9月10日、優勝マジックを「1」にまで減らしていた広島カープが、2位巨人との直接対決を制し、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。ネットでは、「セ・リーグのMVPは誰か?」という話題で盛り上がっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

2位に10ゲーム以上の差を付ける圧倒的な強さで優勝を決めたカープだが、誰かひとり、優勝の立役者を選ぶとなると、なかなか難しい状況だ。投手でいえば、先発陣では野村祐輔とジョンソンが14勝(9月11日終了時点。以下同)で並んでおり、リーグ全体で見てもこの数字はトップ。抑えの中崎翔太は33セーブで、巨人の澤村に次ぐ2位だ。

打者では、新井貴浩が打率.304、本塁打18本、98打点(リーグトップ)という成績を残しているが、鈴木誠也も.333、26本、88打点で、新井と甲乙つけがたい成績。また菊池涼介は.324という打率に加え、守備面での貢献度は高く、丸佳浩も.293、86打点、21盗塁と、バランス良く好成績をあげている。

ツイッターを見ると、

「候補多すぎる 外から見てる限りは個人的には菊池推し」
「MVPは菊池にあげたいなあ、あの守備はすごい」
「野球に対する貢献度やグラウンド以外での活躍、チームの影響、画像というところで新井さんをMVPに!」
「MVP候補は菊池か新井さんだと思うんだけどなぁ」
「MVPはさすがに新井じゃないかな~ 鈴木、菊池、丸あたりもありえそうだけど」
「カープ優勝。 MVPは鈴木誠也かな。本当にいい打者」

と攻守で貢献した菊池をはじめ、トップ打者たちがMVP候補だといった声があがっているが、それに割って入るのが、2年連続のトリプルスリー(同一シーズン内での打率3割以上・本塁打30本以上・盗塁30個以上の達成)が確定的な山田哲人(ヤクルト)だ。10日の阪神戦でホームランを3発固め打ちした山田は、.324(4位)、38本(2位)、96打点(2位)、30盗塁(1位)と、各部門で上位に入る好成績を残しており、打率以外の3タイトル独占も夢ではない。それゆえ一部からは、

「山田じゃダメ?」
「セ・リーグMVPは2年連続トリプルスリーのヤクルト山田でええやろ」
「てか、MVP山田くんに僕はあげたい。2年連続トリプルスリーって今後現れるかわからないレベルの記録だと思うから」

と、昨年チームとしてもセ・リーグを制し、MVPを獲得した山田を推す声も登場。MVPは優勝チームから選出されるのが一般的だが、それが絶対条件ではない。今年のセ・リーグのMVPは、残り試合の山田の成績次第で「カープ勢vs.ヤクルト山田」ということになりそうだ。

(金子則男)

(R25編集部)

セ・リーグMVPは「カープ対ヤクルト山田」の様相?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

カープが優勝すると○屋が儲かる!? “恩恵”を調査
中村橋之助「今が人生で一番の転機」
高校野球サヨナラ 「有村架純似の美人マネ」話題に
広島の百貨店「優勝セールのやり方忘れた」にホッコリ
期待の若手「筒香三冠王」説に野球ファン大興奮

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP