ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイクロソフト、「WebVR」をMicrosoft Edgeで試験的にサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月9日、米マイクロソフト社はWindows10のデフォルトブラウザであるMicrosoft Edge向けに、「WebVR」を試験的にサポートすることを発表しました。

ブラウザ上でVRコンテンツを表示できる「WebVR」

「WebVR」とはマイクロソフトが現在開発中の規格であり、3Dグラフィックスを表現する「WebGL」のAPIを利用しています。これにより「Oculus Rift」や「GoogleCardboard」などのVRHMDを通して、ウェブブラウザ上のVRコンテンツをシームレスに視聴することを可能にします。

同社はこの機能をEdgeに対し試験的に実装することを公式ブログにて発表しました。WebVRは「Google Chrome」や「Mozilla Firefox」、「Opera」などの開発版ビルドにてすでに実装されており、Web関連の標準化団体であるWorld Wide Web Consortium(W3C)も仕様策定を進めている段階です。


Sketchfabに投稿された3DコンテンツのVRでの閲覧が可能に

現在主要なブラウザの中でもAppleの「Safari」は未だWebVRを実装していません。WebVRのような最新技術を取り入れることで、FirefoxやChromeなど競合ブラウザとのシェア争いに挑む同社の姿勢が伺えます。

また、Edgeは将来的にVRに対応する予定のXboxとも連携しているため、何かしらのサポートが追加されるのではと予想されます。

なお具体的な実装時期については明らかにはしませんでした。しかしWindows 10の次の大型アップデート「Windows 10 Redstone 2」が2017年前半にリリースされることが予想されており、そこで何らかの動きがあるのではないでしょうか。

(参考)
Microsoft is Bringing WebVR Support to Edge, Windows 10’s Default Browser(英語)
http://www.roadtovr.com/microsoft-is-bringing-webvr-support-to-edge-windows-10s-default-browser/

Bringing WebVR to Microsoft Edge(英語)
https://blogs.windows.com/msedgedev/2016/09/09/webvr-in-development-edge/#km2LdYWgegFk1w1H.97

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP