ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PUSHIM、昭和歌謡&ポップスがテーマのカバーアルバム第二弾を11月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年に自身のレーベル“Groovillage”を立ち上げたPUSHIMが、早くも新作となるカバーアルバム『THE ノスタルジックス』のリリースを発表した。

今作は2012年にリリースした『The Great Songs』に続く2作目のカバーアルバムとなる。彼女自身にとってカバー曲はアルバム『F』でスティービー・ワンダーの「A Place In The Sun」を取り上げた他、ライブでもひとつのハイライトとなっているなど、ファンにとっては既にお馴染み。『THE ノスタルジックス』も待望の作品となること必至だ。

今作では、PUSHIMが敬愛する美空ひばりが歌唱した事でも知られる「Over The Rainbow 虹の彼方に」の日本語ヴァージョンや、井上陽水の名曲「傘がない」、ビルボード・チャートでも週間1位を記録、日本でも越路吹雪が歌唱し大ヒットを記録した「ラストダンスは私に」など、彼女に影響を与えた50年代~70年代の昭和歌謡&ポップス珠玉のナンバーが数多く収録されるという。名曲の数々が、プレミアム・シンガーと称される抜群の歌唱力と出逢い、どんな魅力溢れる曲に生まれ変わるのか、今から楽しみが尽きない。プロデューサー陣には、DJ MURO、HOME GROWN、韻シスト、LITTLE TEMPO等、豪華な顔ぶれが参加。また、ボーナス・トラックには、2016年2月20日に行なわれた浜離宮朝日ホール公演のライブ・カバー音源も数曲収録される。

本作リリース後は、昨年に引き続き12月に毎年チケットが即完売となっている恒例のビルボートライブ東京・大阪、ブルーノート名古屋での「YEAR END PREMIUM LIVE 2016」の実施も決定している。このライブでは『THE ノスタルジックス』の収録曲など、カバー曲もこれまで以上にたっぷり披露する予定との事なので、是非楽しみにしていて欲しい。

【PUSHIMよりメッセージ】
自身では、2作目となるカバーアルバムを出します。1作目の「The Great Songs」の企画が持ち上がった際は、“今流行のカバー集”を出す事に抵抗があり、気持ちがしっくり来ない、そんなスタートだったと覚えています。しかし、録音に取りかかり始めると他人(ひと)が作った歌を唄う楽しさ、奥深さを存分に知りました。自分に持っていないメロディー、リズム、そして言葉の運び、全てが新しいものとして私の血となり肉となりました。要するに、勉強させて貰ったのです。

そして、今回の「THE ノスタルジックス」。私が幼き頃から耳にしてきた古い日本の歌謡曲を、私なりに解釈し、マイクへと解き放ったものです。これらの楽曲達のひとつひとつの歌詞は本当に素晴らしいものばかりです。心の模様を形容する言葉、語りとなる行間、そして歌い手の表現力。この全てに私自身超える事は出来ませんが、私の世界、そして新曲として聴いて下さい。

アルバム『THE ノスタルジックス』
2016年11月16日 (水) 発売

TKCA-74430/¥3,000+税

<収録曲>

※曲順未定 / 括弧内はオリジナル歌唱アーティスト・発売年

「DAY-O バナナ・ボート」 (浜村美智子 / 1957年)

「黄昏のビギン」 (水原弘 / 1959年)

「Over The Rainbow 虹の彼方に」 (美空ひばり / 1961年)

「ラストダンスは私に」 (越路吹雪 / 1961年)

「見上げてごらん夜の星を」 (坂本九 / 1963年)

「傘がない」 (井上陽水 / 1972年)

「プレイバックPart2」 (山口百恵 / 1978年)

「モンローウォーク」 (南佳孝 / 1979年)

(Bonus Track)

「A Place In The Sun (Live ver.) 」 (スティービー・ワンダー / 1966年)

…他

「YEAR END PREMIUM LIVE 2016」
12月15日 (木)  ブルーノート名古屋

1stステージ:開場17:30 / 開演18:30

2ndステージ:開場20:30 / 開演21:15

12月27日 (火)  ビルボードライブ東京

1stステージ:開場17:30 開演19:00

2ndステージ:開場20:45 開演21:30

12月30日 (金)  ビルボードライブ大阪

1stステージ:開場17:30 開演18:30

2ndステージ:開場20:30 開演21:30

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP