ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご先祖様にも食欲の秋を楽しんでもらおう!モチモチ感がリアルな「みたらし団子キャンドル」が登場♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


神仏用のローソクや線香を取り扱うカメヤマが、「みたらし団子キャンドル」(税抜680円)の販売を開始した。好物シリーズであるお団子キャンドルの姉妹品にあたる商品だ。

生きとし生きる人々が食欲の秋を楽しんでいる。だからこそ、故人にも、おいしいものをお供えしてみよう、というのが今回の企画商品だ。

本物のみたらし団子を仏壇にお供えすると、すぐにハエが寄ってきてしまう。乾いてしまうと目も当てられなくなるのが実際のところだ。でも、このみたらし団子ならそんな心配は無用!気兼ねなくお供えすることができる。


見ての通り、モチモチ感がリアルに感じられる仕上がり。とろみのあるタレがあふれており、とても美味しそうだ。

普通はお供えをしても、実際にそこにあるものがなくなるわけではない。気持ちだけというのはわかっているものの、「本当にご先祖様たちに対して届いているのだろうか?」という、ちょっと残念な気分になっていた人も多いのでは?

その点、好物キャンドルは火を灯せば、見た目にも、どんどんロウが溶けていく。まるで本当にご先祖様たちが食べてくれたかのような、そんなほっこりとした気持ちを体験することができる。本物と違って腐ることもないので安心だ。

彼岸の季節、この美味しそうなローソクで、ご先祖様をもてなしてみるのはいかがだろうか。

商品の詳細・購入はコチラ(http://rosoku.kameyama.co.jp/rosoku/collaboration_favorite_rosoku/t86020010/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP