ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100万円ちょいの旧型ミニ クラブマンをオススメするのは「安いから」だけではありません

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲旧型ミニの全長をちょっと伸ばし、後部右側に小さなドアを付けた旧型ミニ クラブマン。新型登場の影響を受けて今、コレがずいぶんお手頃プライスになっています

走行3万km台までの物件でも車両価格150万円以下

ベーシックなミニのホイールベース(前タイヤの中心と後タイヤの中心を結ぶ距離)を延長して後部にドアを設けた、ちょっと小ぶりでおしゃれなコンパクトワゴン、ミニ クラブマン。昨年末に登場した現行モデルの流通が本格化するに伴い、旧型クラブマンの相場がずいぶんとお手頃になっています。小粋なヨーロピアン・コンパクトに乗り替えてみたいと考えていた方は、この機会に本気で検討してみてはどうでしょうか?

具体的な市況を見てみますと、旧型ミニ クラブマンの新車時価格は274万~446万円でしたが、現在最も注目すべき中古車プライスゾーンは130万~150万円付近。この程度のお手頃プライスの中に、走行2万~4万kmぐらいの好条件な物件も紛れ込んでいるんです。

流通のメインはミニファミリーのなかでは中間グレードとなる「クーパー」ですが、高出力+充実装備の「クーパーS」だってイケなくはありません。「手頃な予算で、まずまず高年式なおしゃれ欧州車を手に入れたい」と考えていた人には絶好の選択肢かと思うのですが、どうでしょうか?

「とはいえフルモデルチェンジを受けたということは、現行型の方が性能は全然いいんでしょ? 逆に言えば旧型は性能的にかなり劣るはずなわけで。それならば、仮にいくら安くかったとしてもちょっと……」と思う人もいることでしょう。それは、確かにそのとおりな部分もあります。

▲07年10月から14年11月まで販売された旧型ミニ クラブマン。旧型ミニの全長を220mmほど伸ばし、ホイールベースを80mm延長した小型のシューティングブレークです

▲こちらは15年11月に登場した現行ミニ クラブマン。全長はさらに300mm以上伸びて4270mmとなり、全幅も1800mmという堂々たる恰幅に。後席のドアも左右両側に付くようになりました

走りも利便性も現行が上だが、旧型には旧型の良さもある?

ミニファミリーはこのクラブマンに限らず、現行型の世代になってから「しっかり感」のようなものが格段に向上しています。作りも走りもあまりにもしっかりしているため、現行世代のミニは「これはもうミニではなく『BMW 0シリーズ』だ!」なんて評されることもあるぐらいです。つまり各部の作りも走りの感触も、現行クラブマンの方が断然上と思ってまず間違いありません。

そして利便性についても、現行クラブマンはなかなか魅力的です。旧型クラブマンは3ドア版ミニのホイールベースを80mmだけ伸ばし、後席は右側だけに「クラブドア」と呼ばれる小さな隠しドアを設けていました。そしてボディサイズも、同世代の旧型3ドアミニより「ちょっと長い程度」でしかありませんでした。つまり積載性も後席へのアクセス性も、ワゴンとして見るならば若干物足りない部分があったことは否定できません。

「ならば旧型がいくら安くても意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。物ごとの短所というのは、長所と表裏一体でもあるのですから。

▲写真は旧型ミニ クラブマン。後席右側の「クラブドア」はフロントドアとは逆方向に開きます

荷物も人もさほど載せないなら旧型で十分な可能性も

現行クラブマンはずいぶん立派な寸法になりました。具体的には、旧型と比べて全長は30cm以上長くなり、全幅は11cm以上広くなっています。これにより居住性や積載性はずいぶん向上したわけですが(後席のドアも両側に付きました)、その分だけ「取り回しの容易さ」や「持って生まれた軽快感」みたいなものを失ったとも言えるのです。もちろん、荷物をガンガン積む使い方をするなら大きくなった現行型の方が向いてますが、「ウチはさほど荷物載せないから」というご家庭なら旧型でも十分というか、場合によっては「旧型の方がいい」と感じる可能性すらあります。

また走りについても、もしも長距離をハイスピードで移動する機会が多いのであれば、かなりしっかり感が増した現行クラブマンの方が疲れにくく、楽しいはずです。しかし荷物の話と同様に「ウチは近場が中心だから」というのであれば旧型でも十分というか、むしろ旧型のちょっとワイルドで軽やかな走行感覚の方が「楽しい!」と感じる可能性があるのです。

もちろん車としての総合力は、さすがに最新の現行クラブマンが上でしょう。そうでなければフルモデルチェンジの意味がないですからね。しかし、もしも「ウチはさほど大量の荷物はたぶん載せない」というご家庭で、なおかつ「車で長距離移動をする機会はさほど多くない」というのであれば、軽快でコンパクトで、そして前述のとおり「130万~150万円ぐらい」というリーズナブルな車両価格で走行距離の少ない中古車が狙えてしまう旧型ミニ クラブマンは、他の人にとってどうかはわかりませんが、「あなた」にとっては絶好球なのかもしれませんよ……!

▲旧型ミニ クラブマンの運転席まわり。現行のそれと比べるとシンプル系のデザインなので、飽きも来にくいかもしれませんね

【関連リンク】

車両価格150万円以下、修復歴なしの旧型ミニ クラブマンを探すtext/編集部

photo/BMW

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格150万円以下、修復歴なしの旧型ミニ クラブマンを探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP