体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仰天ラーメン店を次々生み出す大阪の「unchi株式会社」っていったい!? 【人類みな麺類】【くそオヤジ最後のひとふり】

f:id:Meshi2_IB:20160807180554j:plain

ある仕事で大阪の人気ラーメン店を取材させてもらう機会があり、淀川区の十三にある「くそオヤジ最後のひとふり」という妙な名前のお店を訪ねた。

奇抜な名前とは裏腹に、貝のダシの濃厚なうま味を絶妙な加減で醤油とあわせた繊細な味わいのスープが印象的で、しみじみと「うまい……」と目を閉じた一杯であった。

調べてみると、「くそオヤジ最後のひとふり」の運営母体は「人類みな麺類」「世界一暇なラーメン屋」など、どれも行列のできる名店を経営する「unchi株式会社」という企業であることがわかった。

何度読み直しても「unchi」である。

うんち……。

お店の名前も変だし、いったいなんなんだ! ワナにハマるかのようにその正体を確かめたくなり、取材を申込むことにした。

アンチと間違えられるけど「うんち」です

今回、お話をうかがうことができたのは「unchi株式会社」の統括マネージャー・北健志さん。取材は同社の一号店である大阪市淀川区の「人類みな麺類」で行われた。

f:id:Meshi2_IB:20160807180500j:plain

▲「unchi株式会社」の統括マネージャー、北健志さん

まずは「unchi株式会社」の代表取締役である松村貴大さんとの関係について聞いてみた。

ウチの社長とは大学の同級生だったんですよ。ラーメンが大好きで、よく一緒にラーメンの食べ歩きをしたりしていました。卒業後、社長は金久右衛門というラーメン店で修業をしていて、僕は和食の道に進んだんですが、社長が自分でお店を出すという時に、一緒にやろうと誘われまして、それからですね。(北さん、以下同)

その時から「unchi株式会社」としてやっていたんですか?

いえ、まず、今から4年前に社長と私で「人類みな麺類」というお店をオープンしまして、そこからスタートして、1年後に「くそオヤジ最後のひとふり」、その後に「世界一暇なラーメン屋」を出して、2年ぐらい経った時に会社を設立しようということになりました。

それで「unchi株式会社」が設立されたのですね。それにしてもこの社名は……どうですか?

えーと、なかなか変わった社名だと思うんですけども(笑)僕も最初はびっくりしました……。一応、考えとしては、お客さんに安心で安全なものを提供したいと、きちんと良い素材を使って最初から最後まで責任を負いたい。食べて、それが最後に出るところまでしっかり責任を負うという思いを込めた社名なんです。

おー、なるほど! そういう意味が込められていたんですね。

はい。まぁでも、最初はマジかと思いましたね(笑)。名刺とか、領収書もらうときも全部「unchi」ですから。一応ローマ字なんで、よく「アンチ」と間違われるんですけど、うんちです。僕も社長から聞かされた時は反対したんですけど「もう、届け出しちゃったよ」って(笑)。

各店の店名も変ですよね「世界一暇なラーメン屋」とか。

f:id:Meshi2_IB:20160807180509j:plain

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会