ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チェックしとけば、明日のスターがいち早くわかる! 「音楽系SNS」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外系は楽曲のレベル高し

音楽系SNSが花盛りだ。文字どおり、音楽好きが集まるSNSだが、その中身は千差万別。老舗の「My Space」がアメリカでサービスを始めたのは、ネットの世界でははるか昔といってもよい2003年。追ってドイツ生まれの「SoundCloud」が一般ユーザー向けにサービスを本格化されたのが2010年ごろ。

どちらも、プロやプロを目指すアマチュアが投稿した楽曲を聴いて、気に入ったら「Like」をクリックしたり、会員同士でワイワイオシャベリするというのが基本スタイル。特に、スターたちもたくさん登録メンバーになっている「My Space」はメジャー感たっぷりで、会員間のメールやブログを介した交流の活発さが際立つ。

メジャー感たっぷりの老舗「MySpace」。言語が英語だけなのが惜しい

一方の「SoundCloud」は、オシャベリよりも聴くほうがメインだ。音楽が大好きで、いつも新しい誰か、新しいなにかを探している人には最高のハンティング・フィールドだ。自分の好みのアーティストを発見し、友達に教えて共有したり、「コレクション」フォルダーに入れてお気に入りアーティストを文字どおりコレクションしたり。もともと、プロのミュージシャンたちの音楽データの共有システムとしてスタートしただけに、投稿されている楽曲はすべてレベル高し。

「SoundCloud」は楽曲のレベルも高くて音楽好きにはたまらないSNS。上は世界的アーティスト、ビョークのDJセットのページ。スーパースターのDJが聴けるのは、「SoundCloud」ならではだ

日本系はほのぼの素人系

この先行する「My Space」や「SoundCloud」をお手本に、日本で音楽系SNSが続々と誕生し始めたのは、ここ数年のことだ。日本系の特徴は、いい意味での素人っぽさ、つまりアマチュアリズムだ。

たとえば、「OKMusic」は、メジャーな楽曲の試聴もできるので、それらを聴きながらコメントを書いて、みんなでリアルタイムに盛り上がる。こういうところは「My Space」などと同じだ。

もちろん、アーティスト登録をすると誰でも楽曲を投稿できるのだが、海外系と違うのは、投稿主がプロを目指しているアーティストというよりも、「息子と2人でデュエットしました」とか「ジブリが好きなのでピアノで演奏してみました」といった、「歌う(演奏する)のが好きだから聞いてほしい」的な、一般人が多いところだ。

そういう「素人のど自慢」的な日本の音楽系SNSのなかで、最近、特に中高生を中心とした若い世代に絶大な人気を誇るのが「nana」だ。ほかの音楽系SNSと違うのは、コラボレーションという機能。

これは、誰かがカラオケを作って投稿したら、そのカラオケに乗せてほかの誰かが歌って投稿できるというもの。投稿の敷居が思いっきり低いのだ。

「nana」はアプリをインストールして利用する。ホーム画面には最新の投稿曲が、「見つける」のページでは、自分がコラボして歌うための「伴奏リスト」が表示される

こちらの画面は、コラボの投稿画面。廣野ノブユキさんの「ジェリー」という曲をYui×サッティー☆さんが歌っている

100万回再生がきっかけでCDデビューも

もう少しわかりやすく説明しよう。たとえば、あなたが作詞作曲した曲があり、それを「nana」に投稿したとする。同時に、伴奏だけのもの、つまりカラオケも投稿する。それを聴いた見も知らぬ誰かさんがあなたの曲を気に入り、あなたの投稿したカラオケに乗せてあなたの曲を歌い、またそれを投稿する。

スゴイのは、この歌の録音が「nana」のアプリをインストールしたスマホだけでできてしまうこと。しかも、このアプリでエコーなんかもかけられちゃう。特別な機材は不要なのだ。

いろんな人が自作曲を歌ってくれるのは素敵なことだし、それがもとでプロデビューができたりなんてことがあるかもしれない。実際、「nana」で100万回以上再生されたのがきっかけで、プロデビューした人がいる。

廣野ノブユキさんというアーティストで、金融機関で働きながら週末はストリートミュージシャンとして活動していた方。「nana」に自作の楽曲を投稿したところ、再生&コラボレーションが殺到で大人気となったという次第。まるで「素人のど自慢」でグランプリを取って歌手デビューするというシンデレラストーリーのインターネット版だ。音楽系SNS出身の大スターが現れる日もそう遠くはなさそうだ。

「nana」での人気からメジャーデビューを果たした廣野ノブユキさんの公式サイト

関連リンク

My Place
SoundCloud
OKMusic
nana
廣野ノブユキ公式サイト

関連記事リンク(外部サイト)

無名×大物アーティストとのコラボも実現? 音楽SNS「SoundCloud」の可能性とは

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP