体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母国と違う!イタリア人が日本で驚いたこと6選〜重ね着センスがすごい!〜

陽気なイメージのあるイタリア人ですが、彼らもまた日本に来たときに「イタリアと違う!」と驚いたことがいくつかあるようです。納得できるものからイタリア人らしい! と突っ込みたくなるものまで、6つのイタリア人の生の声をご紹介いたします。

■あわせて読みたい
母国と違う!ロシア人が日本で驚いたこと3選〜日本の男性は頼りない!?〜
母国と違う!アメリカ人が日本で驚いたこと10選~お日様の香りって何!?~
母国と違う!オーストラリア人が日本で驚いたこと3選〜朝食が豪華すぎる!〜
母国と違う!カナダ人が日本で驚いたこと3選〜人が路上に転がってる!〜

1.女性を褒めなさすぎる

母国と違う!イタリア人が日本にきて驚いたこと6選

日本人がイタリア人へ抱くイメージをそのまま体現されたような、そんな声はイタリア人男性から。人にもよりますがみなさんご存知のイタリア人タレント・ジローラモさんのようにイタリア人は女性の扱いが上手な人が多く、「綺麗ですね」という褒め言葉に関しては挨拶のように使う人も実際多いのです。

一方日本では「褒める」ということに対しまだまだ気恥ずかしさを感じ、けなすことが愛情表現の一種として捉えている人もいるほど。人によって好みが分かれそうな文化の違いですが、日本人男性が女性へ容赦なく「太った?」という発言はイタリア人男性からすると信じられない言葉なんだとか。なんでも、「女性には紳士であるべき」という精神は子どもの頃から母親に教えられて育つそうなので、ある種素晴らしい英才教育とも言えますね。

2.ストレートじゃない!

母国と違う!イタリア人が日本にきて驚いたこと6選

なんでも思ったことは白黒付けてストレートに伝えることを重要視するイタリアの文化は、日本の文化とはまるで違います。接客業をしているイタリア人女性いわく、その場では良いリアクションをしてくれるのに「また後で来ます」と言ってその場を去っていくのはちょっと理解ができないこと、なんだとか。日本人的にはその人を傷付けないように良しと思ってする行為は彼らからすると「回りくどく分かりずらい」と感じることでもあり、真意を知ると「思いやりがある」と納得するポイントでもあるそうです。

3.みんな同じ服装

母国と違う!イタリア人が日本にきて驚いたこと6選

これは特に大学生に当てはまるということですが、ファッションに関してはなによりも「個性」を大切に考える欧州。とくにシャツやジーンズまでアイロン掛けを徹底するほど見た目にこだわるイタリア人からすると、日本人の似たようなファッションスタイルには首を傾げることが多々あるようです。そうはいってもシンプルに着こなすことはできても重ね着などは得意でない彼らにとって、日本人の重ね着センスは彼らからすると目をひくものばかり。イタリア人からすると「流行にとらわれないで持っているセンスを生かせば良いのに、もったいない」とのことです。

4.地下鉄のなかで居眠りする人がいる

母国と違う!イタリア人が日本にきて驚いたこと6選

イタリア人が口を揃えていうのは日本の地下鉄など公共交通機関での居眠り率の高さ。これは日本の治安の良さを表しているものであり、「イタリアでは絶対にできない!」と興奮気味に不思議がる姿には納得できます。筆者もイタリアにいったときには、バスでiPhoneを使っているだけで地元のおじさんに「気をつけなさい」と声をかけられたものですが、日本のその光景はイタリア人からすると「日本はなんて平和なんだ!」と感動してしまうほどなんだとか。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。