体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっと増やしたい! ねこ先生が提案する「猫」と暮らせる賃貸住宅

もっと増やしたい! ねこ先生が提案する、「猫」と暮らせる賃貸住宅

日本ペットフード協会の調査によれば、日本で飼育されている犬猫の数は約2000万頭にものぼる。しかし、『SUUMO賃貸』 で物件を探しても「ペット相談可」は1割もないというのが現状だ。なかでも実は「猫」がNGとされているところも多い。こんな状況を打開すべく、自ら大家となって「猫と幸せに暮らせる賃貸住宅」をつくり、現在もその拡充につとめている、“ねこ先生”こと株式会社クラシヲの杉浦雅弘さんにお話をうかがった。

誰もつくらないなら自分でやるしかない、自ら大家となって「猫共生アパート」をつくる

――杉浦さんは、なぜ「猫と幸せに暮らせる賃貸住宅」をつくったのですか?

私は27年間、不動産業に携わってきて、そのなかでも「賃貸管理業」が長く、多くの入居者・大家さんたちと接してきました。20数年前といいますと、ほとんどの賃貸物件は「ペットNG」です。しかし実際にはこっそり飼われる方も多くいました。犬を飼われる方は、鳴き声や散歩などで犬の存在を隠すのは難しく、近隣の方から連絡をいただくことが多かったのですが、逆に猫については、全然気づかれず、退去のときにはじめて分かるということもたびたびありました。

実際、何年も猫を飼っているのに周囲の方々に気づかれないということは、近隣には迷惑をかけていないのだし、飼ってもいいことにしたらどうか? なんて個人的には思っていたのですが、不動産業界や大家さんからは、猫というのは「爪とぎ」「におい」などの問題から、NGとされることがほとんどでした。

私は小さいころから実家で犬も猫も飼っていたので、どちらも大好きなのですが、特に猫に関しては、業界でタブー視され、飼いたい人が飼えない現実を目の当たりにしてきて、ずっと何とかしたいと思っていました。また、「飼いたい」というニーズが一定数あるということは、ビジネスとしても十分やっていけるだろうという目論見もありました。

大家さん方には折にふれて、「猫共生アパート」を建てたらどうかと提案していたのですが、実例もほとんどないなかで、快い返事はもらえませんでした。そこで、「もうこれは自分でやるしかない」と思いはじめたころ、たまたま築19年のアパート1棟が取り壊されるという情報を知り、自らその物件を購入・リフォームし、「猫専用共生型賃貸住宅」(商品ブランド名は”necoto”)の第1号をつくることにしたのです。勤めていた会社もやめて自分で会社を設立しました。今から3年前のことです。【画像1】千葉県市川市の猫専用共生型賃貸住宅

【画像1】千葉県市川市の猫専用共生型賃貸住宅”necoto(ネコト)”の第1号。築19年のときに購入し、内装のみならず、外装や外構も一新した。築20年以上たつとは思えないきれいさ。12戸中9戸の方が猫を飼っている、20・30・40代の方がお住まいの1Kロフト付(画像提供/株式会社クラシヲ)

猫が住みやすい仕様にするだけでなく、トラブルを未然に防ぐルールづくりも重要

――”necoto”の特徴はどういった点ですか? 現在、何戸くらいの物件があるのですか?

猫共生アパートの企画を考えていた6年前には、世の中に参考になる情報があまりありませんでした。そこで、猫の特性について学び、自分なりにガイドラインをつくってきました。現在では以下の5つを基本仕様としています。また入居者の方には、「完全室内飼い」「不妊・去勢手術」を前提でお願いしています。

●猫専用共生型賃貸住宅“necoto”の5つの基本仕様

1.キャットウォーク:壁を補強して棚などを取り付け

2.トイレ置き場:猫専用トイレの場所をつくる

3.脱走防止対策:破れにくい網戸を採用、爪を立てても破れにくく、脱走防止として有用

4.傷防止床材:ざらつきがあってすべりにくく、かつ耐久性もある床材を採用

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。