体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様があって、超かわいい。

とっくの昔に生産終了になっていて、正直現代の車から比べたら「車ではない何か。壊れるし、乗り心地は悪いし、あえていうならタイプ2」というような存在です。75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

ロードストーリーとして、ワーゲンバンで旅をするのは、もはや定番。2014年に発行されたフォスター・ハンティントンの写真集「HOME IS WHERE YOU PARK IT」が、その金字塔ともいうべき(ちょっと新しいバナゴンでの旅)グラフィックで「VAN LIFE」と形容されるカルチャーですが、このカップルはVAN LIFEを地で行き、アラスカからアメリカ大陸を縦断中です。

仕事をやめ、バスを作り、南へ向かう

75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

テッサ(女性)は生粋の、アラスカ在住冒険家。ディロン(男性)は犬ぞりを使う500人ほどの村で育ち、いまはホワイトカラー。共に、冒険を熱望していたそう。

かねてよりワーゲンバスを愛してやまなかった2人ですが、見つかったのは500ドルの超おんぼろ車。走行距離こそ3マイルと少なかったものの、75年式であるということ以前に、あらゆる箇所が朽ち果てている状態でした。75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに しかも、初めは「1976年式」と聞いていたのに、実際は「1975年式」ということがあとから判明。1年違うだけで、シートが倒れなかったり、エンジンパワーが劣っていたりと問題が続出。そこで彼らが思い立ったのは…75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

日本製、スバルエンジンへの換装。じつはワーゲンマニアの間では、おなじ形をしている2社のエンジンは、ある程度互換性があって、定番だったりします。ワーゲンオタクからすれば「わかってるね!」といったところ。

このスバルエンジンは、同じワーゲンのバナゴンから取り出したんですが「だったら、クーラーもついてるバナゴンで旅に出るという選択」も、もちろんありました。ただ2人の答えはNO。「バスを愛しているからね」と。

愛に裏切られて…

でもオールドカーは、その愛を平気で裏切ります。テッサとディロンも、例外ではありませんでした。75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

道ばたでバスがとまってしまうことは、よくあること。アメリカに入ってすぐ、シアトルでは、気温が上がってオーバーヒート気味に。2人は「明らかに荷物の積み過ぎなんだ」と気づいていました。

エンジンをチェックするときには大量の荷物を毎度おろし、そのあとテトリスのように積み込まければいけません。75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。