ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

登録できる「友達」は15名まで!世界最小のソーシャルメディア「Camarilla」が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界を代表するソーシャルネットワークサービス(SNS)といえば、Facebook(フェイスブック)。月間アクティブユーザー数は、2016年6月時点で、171億人にのぼっている。

世界各地で幅広い層に普及するにつれて、各ユーザーがFacebook上でつながる友達(Friend)の数も増える傾向にあり、米ピュー研究所によると、米国の成人ユーザーがFacebookでつながっている「友達」は、平均338名だという。

・15名限定の世界最小ソーシャルネットワーク

「Camarilla」は、“世界最小のソーシャルメディア”を標榜するソーシャルメディアネットワーク。

このネットワークに登録できるユーザー数を15名までに限定している点が、“世界最小”たるゆえんだ。

同サービスは、Instagramのように、ユーザーが投稿する画像に他のユーザーがコメントを書き込む仕組みとなっているが、それぞれのコメントは、画像を投稿したユーザーとコメントを書き込んだユーザーしか閲覧できないのも特徴。

旅先での思い出や日常の生活ぶりを伝える写真など、様々な画像をベースに、家族や親しい友人といった限られた人々と、一対一で有意義にコミュニケーションすることを想定している。

・世界130カ国以上でリリース

Camarillaは、現在、日本を含む130カ国以上を対象に、AndroidアプリとiOS対応アプリとしてリリース。

とかくネットワークが広がりがちな既存のソーシャルメディアに疲れを感じる人は、Camarillaのような小規模なソーシャルメディアを利用してみるのも一法かもしれない。

Camarilla

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。