体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下水道は何のためにあるの?りゅうちぇると学んだ“下水道のひみつ”

9月10日は「下水道の日」だということ、ご存じだろうか。この時期、台風がやってくることが多いことから、台風がもたらす大雨から街を守ってくれる下水道の重要性を広めようと、1961年から9月10日にはさまざまなイベントが企画されるようになった。

今年も、東京都下水道局が品川シーズンテラスで下水道デーイベント「下水道のひみつをさがせ!」を開催。「ウォーリーをさがせ!」とコラボして、イベント会場内に隠された手掛かりをヒントに謎を解く「ウォーリークエスト」などを実施した。

 

●下水道はどんな役割を担っているの?

イベントステージではまず、タレントのりゅうちぇるさんが「1日水再生センター長」に任命される就任式とトークショーが開かれ、りゅうちぇるさんと下水道ラボ研究生の伊波絵梨花さん、石津春花さん、佐野由奈さん、寺西麻帆さんが登場した。

普段はどのように水を使っているかと聞かれて、「浴槽につかることが大好きだから、浴槽に大量の水を使ったりとか。お風邪を引いたら大変だから手洗いうがいするときにお水使ったりとか。いろいろ使いますよね」と答えたりゅうちぇるさん。けれど、「(下水道は)何のために(地面の)下にあるのか全然分からない。役割も全然分かんない」と下水道については詳しくない様子。そこで下水道がどんな役割を担っているのか、下水道ラボ研究生の4人から教わることになった。

下水道ラボ研究生の4人は、下水道には「快適な生活環境をつくる」「地球環境を守る」「浸水から街を守る」という役割があると紹介した。下水道が広まったおかげできれいになった川を比較する2枚のパネルを目にして、りゅうちぇるさんは「水の感じが全然違くない? あそこ、塊みたいなのがすごい多いけど、ここ、すごいきれいだよね」と感想を述べた。

写真左側のパネルが下水道普及前の川の様子

さらに隅田川花火大会には1961年から1977年まで開催を中止していた過去があり、その原因は下水道が整備されていなかったために川が汚れ過ぎたことだったというエピソードが語られた。それが下水道の整備が進むことで川がきれいになり、花火大会を再び開催できるようになったと聞いて、「すごい。がんばったねー。そのおかげできれいな花火も見れたりとか。その他にも絶対素敵な環境になったりしてて本当にうれしいですよね」とコメントしていた。

続いて、下水をきれいにしていく仕組みを学ぶため、ステージに特大シリンダーが持ち込まれた。汚水が入ったシリンダーを上下に振り、30分以上経ったものと見比べてみたところ、思わず「うわー」と遠くまで響く大きな声を出してしまったりゅうちぇるさん。「すごーい、これ。分かりやすく離れてるよね。泥と水が」と驚いた様子だった。

汚水をそれほどまでにきれいにしてくれたのは、水と分離した泥の中に含まれている微生物たち。微生物が小さな汚れを食べてくれることで汚れが取り除かれていくことを知り、りゅうちぇるさんは「薬とかを変に使うより、微生物とかの方が自然っぽくてね、自然にきれいな水になっていく感じがして、より信頼できますよね」と感心していた。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会