体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西荻窪「ワンデルング」。そこは飲めない人と飲まない夜の店【夜喫茶】

f:id:Meshi2_Writer:20160816065913j:plain

「飲めない」地獄の果てに

いきなりですが、僕はお酒が飲めません。1杯飲むともう顔が真っ赤になってぐてんぐてん。今はフリーのライターをしているので、そこまでお酒を飲む機会は減りましたが、会社で働いていたときには、毎日仕事が終わると上司に連れられて酒場に行くのが日課になっていました。

そこで、やっぱり飲まされるんですよ! お酒の飲めない僕にとっては、それはもうツライものでした。俺のついだ酒が飲めないのか! ってなもんですよ。毎日地獄のような日々でした。

そりゃ僕も飲めたらいいなと思いますよ。でも飲めないんだから仕方ないじゃないですか。そんなこんなで、会社員時代はべろべろになって帰宅。翌日は、二日酔いでふらふらと会社に遅刻して行くと、怒られるわけです。

心のなかで、飲ませたのはお前じゃねーのか! と突っ込むわけですが、口に出して言うわけにもいかず……。そんなツライ日々ばかりの会社員生活は1年と数カ月で終わりを告げました。

そんな僕が存在を知って狂喜したお店、それが「ワンデルング」なのです!

バーのような喫茶店

「ワンデルング」の話にはいるまでにもうひとつ。僕がいつもお酒が飲める人のことをうらやましいなーっと思って見ている理由のひとつに、「バー文化が楽しそう」というのがあります。

お酒を飲む友達にバーで盛り上がったとか、バーで知り合ったとか、そういう話を聞くと、バーにはどうやら、お酒を飲む場所としてではなく、一種のコミュニティスペース的な役割もあるらしいことがわかったのです。

そこで「ワンデルング」の登場です。

f:id:Meshi2_Writer:20160816070755j:plain

東京・西荻窪にある「ワンデルング」は、夜の喫茶店。夜20時スタートで、深夜0時までやってます。カウンターと2階にも席があります。メインはコーヒーとスイーツ。

お酒も一応用意されていますが、おつまみはほとんどありません。

要するに、シラフで隣り合った人たちと仲良くなれる場所なんです。

これ、なかなか面白いと思いませんか?

お酒の飲めない人にもバー文化が体験できる……。素晴らしい!

実際僕も、ここで仲良くなった人たちがたくさんいます。

間近でライブ演奏も

ではちょっと店内を紹介しましょう。狭い急な階段を登って2階へ。

f:id:Meshi2_Writer:20160816071244j:plain

2階はちょっとしたスペースになっていて、ゆかりのミュージシャンのコンサートや個展が開かれたりするそうです。

f:id:Meshi2_Writer:20160816071317j:plain

もちろん普段はこのスペースでコーヒーを飲みながらくつろいじゃってもかまいません。コンサートは間近で見られて、かなりオススメらしいです。僕はまだ見たことはないけれど、ファンのミュージシャンがやるときには絶対行こうと思ってます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。