ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『マグニフィセント・セブン』は『七人の侍』『荒野の七人』に比べもっと過激!? トロント映画祭プレミア上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現地時間9月8日にスタートした北米最大の映画祭である第41回トロント映画祭で『マグニフィセント・セブン』がオープニング作品としてワールド・プレミア上映された。

黒澤明監督の『七人の侍』、その翻案作品である『荒野の七人』を原案とする本作のメガホンを取るのは重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督。 主演にはデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、 イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが並んでいる。

実は、このトロント映画祭、オスカーレースの行方を占う映画祭として近年脚光を浴びている。過去10年で本映画祭の観客賞を獲得した主な作品には『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『英国王のスピーチ』(10)、『世界にひとつのプレイブック』(12)、『それでも夜は明ける』(13)、『ルーム』(15)など、オスカー戦線をにぎわした話題作が揃っている。トロント映画祭のオープニング作品に選ばれるということは、オスカー・レースの本命と認められたということでもあるのだ。

そんな背景もあり、本作のワールド・プレミア上映にはカナダ、アメリカのみならず、世界中のマスコミが集結。同日に行われた記者会見には、デンゼル・ワシントン、クリス・プラットら”七人の侍”をはじめとするメイン・キャストと監督も勢ぞろいした。

「『七人の侍』も『荒野の七人』も普遍的な作品だ。他人の正義のために全力を尽くす話だ。格差社会など現代に通じる要素も持っている。今の時代に合ったウェスタンを創った」というアントワーン・フークア監督の黒澤明監督への賛辞から始まった会見では、様々な人種や国籍の”七人”とあって、世界各国から各キャストや監督に対して活発な質問が飛んだ。

デンゼル・ワシントンは『七人の侍』も『荒野の七人』も観ずに撮影に参加したといい「他の俳優がどう演じたか気にせず、自由に演じることが出来るから」とその理由を明かした。クリス・プラットは、監督の「この映画にはユーモアもたっぷりあるが、それはまさにクリス・プラットのおかげだ。クリスは凄い」という言葉に対して「監督にはいろんなことを自由にやらせてもらえた。上手くいかなかったらカットされるだけさ」と返し、監督とキャストとの信頼関係が垣間見えた。

オスカーへの直接的な言葉こそ出てこなかったものの、映画史に燦然と輝く2本の名作のDNAを受け継ぎ、国際的なオールスター・キャストで描いた現代のウェスタンの新たな傑作、『マグニフィセント・セブン』は、現在開催中あである黒澤明監督ゆかりのヴェネチア映画祭でクロージング作品として9月10日にヨーロッパに凱旋。9月23日に全米公開される。

監督、キャストらの記者会見コメントは以下。

アントワーン・フークア監督
黒澤は師(マスター)だ。シェークスピアみたいな人だ。彼がもし生きていたら、この作品を観るのをたのしみにしてくれたはずと僕は信じている。『七人の侍』も『荒野の七人』もキャラクター重視の映画で、多彩な登場人物たちが他人のために力を合わせるところに意味がある。そこが一番大事だ。
もう一つ一番大事なのは『七人の侍』のDNAを守ること。7人の男が集まって正しいことをする。今回は過去の2本に比べ、もっと過激かもしれないが、今の時代の人が共感できる部分もあると思う。昔のウェスタンも時代につれて変化したが、僕らが今の生きている時代のウェスタンを創ったんだ。

デンゼル・ワシントン
『荒野の七人』を観るのを避けていたわけではないが、演じる上でプラスになるとも思わなかった。他の人がどう演じたかを気にせず、自分が演じたいことを自由にできることが重要だった。 今回はストーリーも脚本も良かったが、出演を決めたのはアントワーン・フークア監督だからだ。

クリス・プラット
今回の役は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のピーター・クィルよりずっと深い。アウトローが魂の中に何を抱えているかを描いていて、とてもリアルなキャラクターだ。
世の中に何本映画があるか判らないが、過去の映画に似ているものもあるだろう。僕らは、(過去にあった)タイトルを使い、ストーリーを使い、この7人を使い、そして違った映画を創った。

イ・ビョンホン
(共演の)イーサン・ホークとは仲が良いという設定もあり、セットでよく話した。イーサンから彼の書いた3冊の本をプレゼントしてもらった。僕の妻が彼の大ファンで、セットに来たんだが、あんな幸せそうな顔を観たことはなかった。だから僕はイーサンが大好きだし、大嫌いでもある(笑)。

『マグニフィセント・セブン』は1月27日(金)公開


関連記事リンク(外部サイト)

突進してくるヒョウの攻撃から男性を守ったのは・・・トラ!?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
ドラマ『闇金ウシジマくん』クズすぎる「洗脳くん」のDVが恐ろしすぎて視聴者から悲鳴続出
映画『ワンダーウーマン』についてあなたが知らないであろう9つの事実
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。