ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新生9nine、4人初ワンマンで新曲「チャンス」初披露 2017年元日にワンマン開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9nine(ナイン)が、9月9日東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて「9nine LIVE 2016 9月9日は9nineの日〜9nine to meet you !〜」を開催した。

現在の9nineの集客力を考えると、非常に小さいキャパシティーの会場ではあるが、初のワンマンライブを行った会場という思い入れのある場所。そんな中、プレミアムなチケットを手にしたラッキーなファンたちで開場とともに、会場内の熱気はすでに高いものとなっていた。

今年7月に開催された「BEST 9 Tour」ファイナルで、9nineメンバーとして10年近く活動してきた川島海荷が脱退し、4人となった“新生”9nine。川島脱退後、いくつかのイベントには新生9nineとして出演はしてきたが、初のワンマンライブであったため、平日開催にも関わらず、チケットは即完売であった。

オープニングSEが鳴り響き、ライブの始まりが告げられると、客席は一気にヒートアップ。1曲目に9nineの人気ナンバー「SHINING☆STAR」のイントロがかかるやいなや、客席は早くも熱狂の渦に巻き込まれた。

順調にステージが進む中、5曲目の「困惑コンフューズ」では舞台上のメンバーと観客が一体となり、会場はピークに!後半に差し掛かるとこの日の最大のサプライズが。メンバーの西脇が「実は今日はこの日のために4人の初のオリジナル曲、新曲を持ってきました!!!!」と切り出すと西脇のMCに喜びで涙を流すファンも。そして4人となった”新生”9nine初の新曲「チャンス」(リリース未定)を披露。想定外のこのビッグなサプライズにファンたちは大興。こういったメモリアルな日にメモリアルな会場で、新曲というビッグサプライズを準備するという9nineの演出に、会場内は割れんばかりの歓声に包まれた。

ファンにとっては初めて聞く楽曲にも関わらず、会場は大盛況。メンバーも真骨頂であるハードなダンス含め初めてのパフォーマンスとなるが、完成度は完璧。これからの新生9nineを言葉だけでなく、パフォーマンスで見せつけたメンバーにファンたちも全力で声援を送った。その後、最新シングル「愛愛愛」で本編ラストを飾るやいなや、アンコールの大合唱へ。そしてアンコールに応えてメンバーがステージに登場し、「MAGI9AL FES.」を披露。

会場が再び熱気を帯びると、メンバーの西脇から2017年1月1日にZEPP 東京にて元日ワンマンライブ「9nine New Yearワンマンライブ –咲-」を実施することを発表。佐武は、「新生9nineの素敵な未来をみんなで咲かせたいという意味を込めて、「咲」という漢字をライブタイトルに入れました。そして皆さんと新年1月1日を過ごしたい!」と元旦ワンマンライブの意気込みを語った。その後、アンコールにも関わらず、「Cross Over」、「つづくつづく」と2曲連続で披露。客席が多幸感に包まれたまま終演を向かえた。

ライブ情報
9nine New Year ワンマンライブ -咲-
2017年1月1日(祝)ZEPP 東京
詳細:https://9nine-fan.lespros.co.jp/news/detail/11107

関連リンク

9nine オフィシャルサイトhttps://9nine-fan.lespros.co.jp/
9nine レーベルサイトhttp://www.9nine-web.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP