ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能人の歯 ホワイトニングではなく被せものの場合も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歯のホワイトニングとは、専用の漂白剤で歯の汚れを落とし、歯を白くする方法だ。大きくわけて歯科医で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2種類がある。

 芸能人のような白い歯に憧れる人が増え、ホワイトニングを取り扱う歯科も多い。しかし、昨今、「白くならなかった」「元に戻った」「歯がしみた」などのトラブルも相次ぎ、東京都消費生活総合センターがホワイトニングに対する注意喚起を行っている。

 むらおか歯科・矯正歯科クリニックの歯科医、市川玲奈さんが、こうしたトラブルが起きる理由を説明する。

「患者さんと医師の間で、白さの目標が違うとトラブルになりやすいです。芸能人のような歯をイメージされるかたが多いですが、芸能人はホワイトニングではなく、かぶせものをして白くなっていることが多いので、それを知らずにホワイトニングされると、イメージと違うという話になってしまいます」

 また、生まれつきの歯の性質によって、白くならない人もいるという。

「若い頃から歯の色がグレーがかっている人に、ホワイトニングは向きません。また、胎児のときにお母さまがテトラサイクリンという抗生物質を摂取した場合、その色が着色しながら歯がつくられるので、ホワイトニングには向いていません。この抗生物質が処方されることは減りましたが、現在も使用されています。こうした説明を充分にしないまま治療しようとする歯科医も決して少なくありません」(市川さん)

 さらに、ホワイトニング治療中に歯や歯茎がしみて痛む、というトラブルも多い。

「薬剤を使うため、ホワイトニングを繰り返すことで、知覚過敏になるリスクがあります。稀ですが、ひどい場合は、神経に炎症を起こして歯が死んでしまうこともあります」(市川さん)

 近年、自宅でできるホワイトニングキットも数多く出ており、ネットなどで簡単に手に入る。歯科医に行くより格安だと利用する人もいるが、海外の商品には注意が必要だ。

「海外の商品はおすすめしません。日本の商品は、歯を白くする過酸化尿素は10%までしか含まれていませんが、海外の商品は30%含まれているものもあります。そのぶん、知覚過敏のリスクが高まります。自分で薬剤を使わずに、歯科医に相談してください」(市川さん)

 ホワイトニングの費用は、歯科医や地域によって大きく差があり、一概には言えないが、1回1万円以上かかることが一般的だ。決して安価ではないが、「白くなるまで計画を立てて続けることが必要」だと前出・坂上さんは言う。

「1度歯科医でホワイトニングをしてそれなりに白くなったとしても、10か月程度で元に戻ります。ホワイトニングは1回で白くなって、そのまま維持できるものではありません。歯科医と自宅でのケアの積み重ねが大事です。初めの1回でやめてしまうのは、お金をドブに捨てているようなものです」

 ホワイトニングには、以上のように知覚過敏のリスク、高額な治療費などデメリットが目立つ。そもそも、虫歯と違って病気ではないので、無理に白くする必要はないという意見もある。だが、歯の黄ばみがとれて白くなることで、見た目は圧倒的に若返る。坂上さんの病院に来るのは、若い人より50~60代の人のほうが多いという。

「歯の色が明るくなると、見た目だけではなく、気持ちまで若返ると好評です。費用はかかりますが、体質に問題ない人であれば、安全に治療を続ければ100%白くなりますよ」(坂上さん)

 入れ歯も差し歯もホワイトニングも、完全に理想通りに叶うことは至難の業。正しい知識と自己管理が求められる。

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
歯のホワイトニング 削るのではなく過酸化水素を塗って行う
欧米で歯の汚さは貧しさの象徴 ホワイトニング体験レポート
長谷川理恵やKARA・ハラの歯科審美治療 一般女性にも人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP