ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初、大気汚染物質から再生された画期的なインク「Air Ink」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ガソリンや軽油などの燃料が燃焼したり、化学反応を起こすことで生じる排気ガスは、二酸化炭素をはじめ、粒子状物質(PM)や窒素酸化物など、大気汚染物質を含んでいる。

いわずもがな、大気汚染物質の排出量を可能な限り減らすことが喫緊の課題だが、一方で、やむをえず発生してしまうこれら物質を、より有効に活用する手段はないだろうか。

・大気汚染物質を“原料”とする世界初のインク

インドのスタートアップ企業「Graviky Labs」は、シンガポールのビールブランド「Tiger Beer(タイガービール)」と提携し、世界で初めて、大気汚染物質をリサイクルしたインク商品「Air Ink(エア・インク)」を開発した。

「Graviky Labs」の独自技術により開発された円筒の専用装置「Kaalink」を、自動車やトラックなどの排気管に装着し、排出ガスを収集。

収集された排気ガスは、微量重金属や発がん物質などを除去した後、精製されて炭素色素となり、インクや塗料に利用される。

約40分間のディーゼル自動車の排気ガスで7ミリ極細マーカー1本、2,000分間(約33.3時間)なら600ミリリットルのスプレー缶1本をつくることができるという。

・大気汚染物質が再生資源に!?

「Air Ink」の商品は、香港の新進アーティストに無償で提供され、グラフィティなど、クリエイティブなアート作品の制作に使われ、街を活気づけている。

世界保健機関(WHO)のデータによると、インドや中国をはじめ、大気汚染が深刻な課題となっている国々は少なくない。

自動車やトラックのみならず、様々な分野で「Air Ink」の仕組みが応用できれば、大気汚染物質が大気中に放出されてしまう前に、有益に再利用する道が開けそうだ。

Air Ink

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP