ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

root化された端末で「ポケモンGo」を利用できるようにする方法が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 用「ポケモン Go」の最新版 v0.37.0 に root 検知 & ブロック機能が追加されたことで、root 化された端末上でアプリをプレイすることができなくなりましたが、早くもそれを回避する方法が発見されました。それは Android アプリに対して systemless な改変を可能にするインタフェースを提供するハック用モジュール「Magisk」を利用して root 化することです。Magisk は root 化された端末上で Android Pay を利用する方法として話題となりました。Android Pay は SafetyNet API を利用して root チェックを行っており、「ポケモン Go」も同様に SafetyNet API を利用していることから、Magisk で対処できるのでは?と試され、案の定、回避可能だったのです。ただ、root 化端末で「ポケモン Go」を利用するには、Magisk 用の ZIP ファイル(boot,img)と Magisk 用に改変された SuperSU を利用して root 化しなければなりません。Magisk で root 化すると、Magisk Manager から root 状態を一時的に無効にできるので、無効にした状態で「ポケモン Go」を起動すると、問題なくアプリが使えるようになるということです。Source : XDA(Magisk の公式ページ)、highonandroid(手順)

■関連記事
ソフトバンク、Xperia Z5のアップデートを開始、充電の最適化機能を追加
リモデルパートナーズ、ぬり絵が飛び出して動き出す知育系アプリ「rearColor」をリリース
Google PixelスマートフォンたちはSnapdragon 821を搭載するとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP