ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リモデルパートナーズ、ぬり絵が飛び出して動き出す知育系アプリ「rearColor」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リモデルパートナーズは 9 月 12 日、実際の塗り絵から 3D の映像が飛び出す Android アプリ「rearColor」をリリースしました。rearColor は “ぬり絵” の作品をスマートフォン上で 3D モデル化する知育系アプリです。専用のぬり絵台紙に色を塗り、その台紙をスマートフォンのアプリ内カメラでかざすと、塗った色がそのまま 3D モデルとして飛び出します。これだけではなく、3D モデルのアニメーションをタッチすると動き出し、360 度のアングルで見渡すこともできます。自分が紙に塗ったものが現実になる体験が可能になるということです。アプリには、「恐竜」「イルカとウミガメ」「花とチョウ」など、有料・無料を含めて様々な台紙のデジタルデータが配信されており、ダウンロードしてプリントすると専用の台紙になります。「rearColor」(Google Play ストア)Source : リモデルパートナーズ

■関連記事
ソフトバンク、Xperia Z5のアップデートを開始、充電の最適化機能を追加
root化された端末で「ポケモンGo」を利用できるようにする方法が発見される
Google PixelスマートフォンたちはSnapdragon 821を搭載するとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP