ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メディア嫌いの大御所写真家エグルストンとの出会い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜20時からの番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。9月11日のオンエアでは、野村が写真家のウィリアム・エグルストンと出会ったときのエピソードを披露しました。

エグルストンは70年代初頭に、ニューヨークのMOMAでカラー写真を初めてアート写真として発表したことでも知られるアメリカの写真家です。エグルストンの写真の魅力について、野村は以下のように語ります。

「エグルストンが撮ると、あらゆるものがそこに意味を持つような気がします。そしてその写真を眺めていると、なんだか自分が旅先の傍観者として周囲を眺めている、その時の気持ちとシンクロするんです」(野村)

そんなエグルストンにどうしても会いたかった野村は、10年近く前、彼の住むメンフィスを訪れた際に、コンタクトをとろうと試みたそうです。しかし、エクルストンはメディア嫌い&人嫌いで有名。そこでまずは友人の映画監督ハーモニー・コリン経由で、エグルストンの息子を紹介してもらったのだそうです。

最初は、「父親には会えないよ」と言われてしまったそうですが、そこは野村の持ち前のコミュニケーション能力ですっかりその息子(偶然にも野村と同い年!)と仲良くなり、最終的にはエグルストンの住所を教えてもらい、会いに行く手はずを整えてくれたのだそうです。

そしていざ本人の元を訪れると、テンションが上がりすぎて質問攻めにしてしまったそうですが、妙に波長が合い、エグルストンにもすっかり気に入られ、一緒にウィスキーを飲んだり、なんと写真の撮り方まで教えてもらったのだとか!

ちなみにその時たくさん話をした中で、本人にどうやって被写体を選び写真を撮るのか聞いたところ、彼は「写真を撮ろうと街をうろつくことはない。向こうからそれはやってくる」と言っていたそうです。

「今でも雑誌に写真を載せたい、とメールすると、タダで使わせてくれたりします。そしてメールの最後に必ず『またメンフィスに戻っておいで』と書いてあります。いつ、またあのアメリカの南部に行って、いろいろな音楽を聴きながらウィスキーが飲めるのかなぁと夢想しています」(野村)

ということで、旅先で様々な出会いを繰り返す野村。次はどんな人物との出会いのエピソードが聞けるのでしょうか?

【関連サイト】
「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP