ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iKON、デビューイヤー2度目となるジャパンアリーナツアー開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国YG ENTERTAINMENTが放つ、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)が、デビューイヤーに2度目となる全国アリーナツアー「iKON JAPAN TOUR 2016」を9月10日・11日の千葉・幕張メッセイベントホール公演よりスタートさせた。

この夏、これまで延べ550万以上を魅了してきた国内最大級の夏フェス「a-nation stadium fes. powered by dTV」味の素スタジアム公演への初出演や、「お台場みんなの夢大陸めざましライブ」出演等、日本でも高い注目度を誇る彼らのライブは2回公演となっており、朝早くから多くのファンが会場周辺でCD、グッズの購入、オフィシャルファンクラブへの入会などで来場し、会場を賑わせていた。

開演時間も迫ってきた会場内では、半年ぶりのツアーをこの目で見ようと集まった8,000人のファンが今か今かと待つ熱気で充満していた。

場内が暗転し、オープニングを告げるピアノ曲がかかると会場には一時静寂が訪れるが、メンバーの登場と共に大きな歓声がわき起こった。そしてオープニングが終わる頃B.Iの「Party people!」の声を合図に、9月28日発売のシングル「DUMB & DUMBER」でライブがスタート。一気にヒートアップした会場のファンは曲にあわせて大合唱となった。

ライブは彼らの人気曲「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」「MY TYPE」を始め、ニューシングルに収録されている新曲「#WYD」や韓国未発表曲「LOVE ME」「SINOSIJAK REMIX」、デビュー前の人気曲など余す事無く披露。また今回はWINNERからラッパーのMINOがゲストとして登場し、BOBBYとのユニット’MOBB’の楽曲「FULL HOUSE -KR Ver.-」を披露する等見所満載のライブとなった。

MCでは「半年ぶりの日本ツアーを楽しみにしていました!また皆さんに会えて幸せです!」「すぐ戻ってくるって約束しましたよね?約束守りましたよ!」と半年ぶりの日本でのステージを楽しんでいた。

アジア8カ国を回るツアーを行い既に貫禄のあるパフォーマンスで、会場はオープニングからアンコールまで興奮のピークが切れる事無く初日のライブは終了した。

関連リンク

iKON オフィシャルサイトhttp://ygex.jp/ikon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP